記憶の大抵を占めるもの

最終更新: 2018年12月24日

少し前

実弟夫妻に息子が生まれたので


私の育児に大活躍だった

スリングを送ったところ

使い方を教えてくれというので

電話でその使い方を指導しました。


左肩にまず掛けてー

リングは左肩ー

子供の頭はーえっとー

リング側、そう左。


電話の向こうで一家三人もたくさ

やってる微笑ましい空気。

でもうまくいかないようで

まぁ正月に会った時にやろう

と落ちつき電話を切ったのですが。


気になって

ネットで調べると

スリングを掛けるのは右肩で

もちろんリングも右。

子供の頭はリングと逆側。


おおお。

全部逆、完璧。


この頃思うことは

私の記憶はほとんどが思い違い。


昨年の正月

「親に暴言なんて

吐いたことないよ。」

という私の一言に

実母と実弟が、はっとしており

2人そろってもう反論。


うっそー


本当に吐いてないと

思ってたんですが

2人で言うなら多分私の方が

思い違いなのでしょう。


ということから

もしかして記憶は

結構思い違いなんじゃない?

とか仮説を立てたところ

全く当てはまることが

まぁ多いこと。

驚きです。


この「結構」がどれほどなのか

これまでの検証によれば

それは「たいてい」

くらい言った方が

気持ちよさそうです。


人ってそんなもんだよー

っていう線で生きてくことに

しました。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし