若林対策本部

海の向こうのニュースだった

コロナウィルスが

じわじわと身に迫ってきて

隣町まで来たようです。


そこへきて我家の警戒レベルは

中の上、といったところで。


人のいるところへの外出は出来るだけ控え

手洗いやうがいはせっせとやりますが

家庭内感染の予防対策までは取らずに

家ではおだやかに暮らしています。


籠りがちな家の中で

互いにストレスを抱えることは

大きなリスクです。

なんせバランスを大事にしています。


さて。

若林が現在掛かっている仕事は

「石積み」なので

子どもたちがお休みなのをいいことに

連日手伝ってもらっています。


長男中1、次男小5。

彼らの体力と気力は、なかなか充実しており

もう立派な労働力。


巷、学校の休校で減収と言ってますが

今のところ、我家の労働力はプラス。


しかし。


3月に乱立していた営業機会が

(例えばやっと辿り着いた授賞式や商談会!)

軒並み中止ですから残念で。


この痛さ、世の中より遅れてやってくるのが

我家の特性。

震災の時もそうでした。


小さな自営業者

持ち前のフレキシブルな体制を生かして

この期に及んでも楽しむことを忘れず働きますが

それは別に、世の中のマイナスと無縁なものではないことを

ここに書いておきます、一応。


日々、家族は健康で

朝から晩まで一緒にいて

日頃振り回される習い事がことごとくないので

夜なんてずいぶんのんびりしていて


毎日よく眠れます。

夢のようです。


朝寝坊にも、みんなもう飽きていて

6時前には目覚ましなしで目が覚めて

思い思いの1日を過ごします。


せっかく休みなんだから

できることは楽しくやろう、と努め

子どもたちが全員そばにいて

何かと成長を感じては、しあわせを抱きます。


ただ

朝昼晩、ニュースをチェックする時だけ

快晴の心が素早く曇ります。


危機管理と家庭内平和のバランスを取るには

情報収集は必須。

どちらも諦めず、保っていく所存です。







20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

毎回ほうれん草

ガストにて、今日は ブログを連投していますが こんなことをしている場合なのか どうなのか。 2月ですから 確定申告の用意を進めたいところです。 (今年は年末にだいぶ 整理を進めたので多分大丈夫) 来週から展示会が始まるので パッケージや、アクセサリーの組立て 作品ファイルの整理、プロフィールパネル キャプションも作るし 節の指輪のサイズ表示を始めようと思っていて だからまず、ゲージ棒を注文しないと

田富ガストにて

昨年秋から 次男が体操を習い始め 練習場所が家から少し遠いので その待ち時間で パソコン仕事をするようになりました。 ノートパソコンって便利ですね。 寒い部屋から、暖かい日向へ。 そんな小さな移動もできますが こうして出先にデータを全部持っていって もう好きなだけいじくり回せるのです。 ああ、買ってよかったMacBook。 昨年、MacBookを買って Macデビューです。 今も、一応メインはWi