top of page

芋も焼くし。


今年、若林さんちの薪は豊かです。

我が家、冬の暖は薪ストーブでとっております。


福島時代住んでいた場所は

マイナス20度にもなる極寒地帯で


ついでにいうなら

屋根から落ちる雪と地面に積もる雪が繋がる豪雪地帯


あそこはとても寒かったので

薪ストーブを購入したのです。

工房用にまず一台、安いやつね。

ギャラリー用にもう一台、これも安いやつ。


そして自宅用に

満を持して

高いやつねっ!


(うちとしては、ね)


それを 山梨に運びまして、使っています。


薪ストーブにありがちな

お金持ち的な感じ、余裕がございまして薪ですのよぉじゃなく。


硬派な山小屋的な

寒いから薪、樹がそこにあるから薪、っていう雰囲気で。


それで、薪

薪は乾燥に1年は掛けるので

その冬に使える薪の量は、冬の始めにもう決まっています。


去年は、足りないことが分かっていたので

けちけち焚いて、寒くて心まで。


それに比べて今年はいいです。

本当心まで余裕、ほっこほこっ♪


その代わり体は

ばっきばきっ♪


薪、運んで、切って、割って、積んで

積み変えて、積み直して


貧弱な筋肉量が気になる38歳

薪仕事で鍛えられております。


薪は、労働の貯蓄「貯労働」の形。

よしよし。


最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Comentários


bottom of page