申告から愛の真髄

はぁあ。


確定申告の書類を揃えています。

例年、国税庁の書類作成ページを利用します。


今年は楽勝

と思っていたのですが。

詰めていくと、初めての事象とも出逢い。


毎年何かと新しいことがあるのです。

手慣れた作業、なんてわけにはいかないようで。


またいろいろ調べながら

昨年、一昨年の資料もひっくり返しながら

壮絶なデスク周り。


これだけ散らかすスペースがあるんだから

まぁいいとして。


なんとか今年分の書類を揃え

必須の手続きが把握でき

明日、税務署へ出向いてあれこれやれば終了。

というところまでこぎ着けて、正午。


壮絶な散らかしを片付け

その惨状の欠片もなくしてから

みそ汁を温め、ご飯を温め。

そこに、若林帰宅。


箸を運びながら

「今日で申告の書類が揃ったよー」

と話すと。


「あ、そう。ありがとう。」


・・・・・


軽くない?

それ一年間の経理に対する想い巡らし具合が

足りなくない?


しかし私もここ数年で大人になりまして

そこを責めるのは不毛と心得ており。


彼は私の働きに感謝しています、多分。

でもその感謝の表現が、私には通じないのです。

(双方にとって、とても残念ながらこれ事実)


彼の「あ、そう。ありがとう。」

に特に悪気はなく。


彼の感謝の表現は、言葉じゃない。

もっと言えば、行動でもない。

(本人は言葉でも行動でも表現していると言ってますけど)

じゃーなんなの。


って思うんですが。

それが何なのかは、不明。


数年一生懸命目を凝らしたんですが

結論「不明」で決着です。


これは推測ですが、彼の感謝は

「ややこしい経理を得意でもないのに

 毎年やってくれてありがとう」

という次元ではなく。


「みおちゃん存在してくれてありがとう。

 そのありがとうは15年前にもう80年分

 言ったよ、その表現が結婚でしょ?」

みたいな話です。


前者、言ってくれた方が嬉しいんだけど。

後者のスケール感で生きている若林。

相変わらずすれ違う今日も

分かり合えないけど、笑い合えてるので

セーフ!


愛は透明で無味無臭

でも多分そこにある、ということを

信じること。


えー厳しー

それに比べれば確定申告なんて

実にわかりやすくて楽勝です。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

乾杯!

「隅っこが上手いね」 2人で黙々と漆喰を塗ります。 若林、珍しく 夫人を褒めて伸ばす方針のようです。 「隅っこの美緒って呼んでよ❤︎」 (即座) 調子に乗るまでがとても早い。 有頂天がすぐそこ。 楽しい仕事をさせてもらっています。 さて。 先月、小麦もまきおわり 畑の草も、もうそんなに伸びないので 畑仕事の時間が減り。 山のくるみももう落ちない頃合いなので くるみ仕事もひと段落しており。 仕事に割

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

5月26日

3月から続いたイベント自粛の流れ。 スナンタ製作所でも、いくつかのわくわくが 泡と消えていきました。 緊急事態宣言は解除になったもの イベントへの抵抗感は根強いかもしれず。 そんな中 うれしいお誘いをいただきました。 隣山にある「増穂登り窯」での 作陶展に若林も加え 4人展を開催することになりました。 開催はまだ先、7月中旬ではありますが 「アポイントメントギャラリー」と銘打って 完全予約制、一時

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi