沼にはまりに向かいます

ちょくちょく図書館で本を借ります。


自分の本を借りるついでに

こどもたちに向けた本も数冊借りて

「おかあさん選書」の本棚に並べておきます。


私が図書館に行く度に

選書は新しく入れ替わるので

こどもたちには好評です。


ついでついでで

たまにDVDも借りてきます。


昔見て面白かったなぁっと思い出し

「ぴんぽん」を借り、こどもたちと見たところ。


非常に好評で。

二回見て、出てくる台詞を覚えて遊ぶほどに

よく気に入ったようです。


その「ぴんぽん」に竹中直人が出ていて

そのキャラがこどもたちに大ヒットしていたので


調子に乗って、今度は

「ウォーターボーイズ」を借りて来て見て。

竹中直人はここでも大人気。


家の中であまりに竹中直人が流行ってるものだから

若林が「笑いながら怒る人」の話をはじめ。


↑これは竹中直人のとても若い頃の

それはそれは有名なネタですが。


youtubeでその動画を検索し、みんなで観て。

その流れで、竹中直人の別のネタも観て。


爆笑。


ああもう、こんなに面白い人だったのか。

この動画で彼の人気は不動のものになりました。

(若大将ネタの動画です、よかったらご視聴ください)


無論、こどもは

笑いながら怒る、練習を始めるわけで。


最初は、笑いながらどうやったって笑ってたんですが

いつ特訓したのでしょうか、うまくなっていて。


3兄弟のうちのひとりが

ついに習得しました。


愉快です。



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi