沼にはまりに向かいます

ちょくちょく図書館で本を借ります。


自分の本を借りるついでに

こどもたちに向けた本も数冊借りて

「おかあさん選書」の本棚に並べておきます。


私が図書館に行く度に

選書は新しく入れ替わるので

こどもたちには好評です。


ついでついでで

たまにDVDも借りてきます。


昔見て面白かったなぁっと思い出し

「ぴんぽん」を借り、こどもたちと見たところ。


非常に好評で。

二回見て、出てくる台詞を覚えて遊ぶほどに

よく気に入ったようです。


その「ぴんぽん」に竹中直人が出ていて

そのキャラがこどもたちに大ヒットしていたので


調子に乗って、今度は

「ウォーターボーイズ」を借りて来て見て。

竹中直人はここでも大人気。


家の中であまりに竹中直人が流行ってるものだから

若林が「笑いながら怒る人」の話をはじめ。


↑これは竹中直人のとても若い頃の

それはそれは有名なネタですが。


youtubeでその動画を検索し、みんなで観て。

その流れで、竹中直人の別のネタも観て。


爆笑。


ああもう、こんなに面白い人だったのか。

この動画で彼の人気は不動のものになりました。

(若大将ネタの動画です、よかったらご視聴ください)


無論、こどもは

笑いながら怒る、練習を始めるわけで。


最初は、笑いながらどうやったって笑ってたんですが

いつ特訓したのでしょうか、うまくなっていて。


3兄弟のうちのひとりが

ついに習得しました。


愉快です。



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

カスタム

気づけば3月。 雛人形をしまおうしまおうと思いつつ あああ 今日はそのままで出かけてきてしまいました。 (本日も田富のガストです) いねちゃん、行き遅れますか。 今日は、朝練の長男を送り ガソリンスタンドに寄ったので 帰り道はいつもと違うルート。 今日1日のことを考えながら上っていると 最後の山道で、登校中の小学生に逢うのです。 もちろん、うちの小学生のおふたり。 その、思っても見なかった遭遇に

田富ガストにて

昨年秋から 次男が体操を習い始め 練習場所が家から少し遠いので その待ち時間で パソコン仕事をするようになりました。 ノートパソコンって便利ですね。 寒い部屋から、暖かい日向へ。 そんな小さな移動もできますが こうして出先にデータを全部持っていって もう好きなだけいじくり回せるのです。 ああ、買ってよかったMacBook。 昨年、MacBookを買って Macデビューです。 今も、一応メインはWi

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい