死闘、ゆずまつり

さぁさ

こちらゆずの季節も本番のゆずの里

ゆずの里まつりというまつりも

ありますよ。


地元小室の妙法寺にて

毎年開催されるゆずまつりは

今年も大盛況。


私たちはPTAブースを切り盛り

ちびっこゲームブースと

樹の実細工ブース

これをPTA会長夫妻、副会長夫妻の

4人で回します。


結構大変です。


ちびっこゲームは

顔見知りの子供たち相手ですが

幼児から六年生まで楽しめるように


んー


パン喰い競争っ♪


運動会でもこの頃

やらないじゃないですか。

手を使わないで

あむあむやってるこどもたちの

姿が見たいなと思って。


「喰う」のは予算上パンじゃないし

競争でもないんだけど。


彼らのかわいい姿が

ふんだんに見られました

盛り上がったし最高、大成功。


しかし子供のパワーがすごくて

大人が忙しすぎました。

やっぱり先生って大変ですね。

こんなに一斉にこどもの相手を

したのは初めてかもしれません。


ふー。


一日中ブースの番をしながら。

会場の様子もちらちら観察。

子供たちの合唱があり

ヨサコイが踊り、地元の太鼓が打ち

ゆずピラミッドの数当てクイズ


ゆず加工品の品評会

毎年、半強制で出品しますが


今年は、自信作を出したのに

賞がもらえず、へそがまがりました。

来年はもう出しません。

(↑多分去年も同じこといいました)


「ゆずとくるみのごはんのおとも」

この名前だけ先に閃いて

それに追いつくように

試作して出品したんですよ。

我家では大好評なのになー。


まつりの最後は、ゆず餅蒔き。

鐘付き堂の上から、ゆず餅とか

お菓子とか撒きます。

これが例年死闘。

愉快です。


今年も戦利品に満足。

ゆずの樹から、ゆずが消えたら

ゆずの里にも冬が来ます

そろそろです。

最新記事

すべて表示

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

5月7日

毎日家にいるし わずらわしい前髪をあげちゃって おでこを出して暮らしています。 すると途端に 眉毛が気になり出し。 気になり出したら まぁ気になって気になって。 初めて、アイブロウをつくりました。 色が濃いので、粉飛びは困ります。 扱いやすさ重視でプレスドパウダータイプに挑戦。 その失敗の見事さよ。 ばりっばりにし割れて 小さなブロック状のアイブロウがたくさんできました。 ほほう。 超

5月2日

恐らく今シーズン最後の製材を 昨日してきて 持って帰ってきたクワノキ達を 子ども達が皮を剥きます。 このスナンタの隣の集落の木で 依頼があって切りました。 伐採と製材は この折に配慮して、立ち会えずでしたが 過酷な搬出を手伝った次男は 「皮は僕に剥かせてね!!」 っとまで言うのです。 たーのもしー ありがとーっ♪ さて 私たちが暮らす集落、スナンタは 街から車で5分上った山の中腹で 町内の人でも

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi