桜蒸しパンもて余す

数日鼻の調子が全開で

昨日は一日の鼻水総量が3リットル超え(気持ち的には)


花粉症なのか

風邪なのか

よくわかりません。

故に対処法もよくわかりません。


考えるのも面倒で、全開のまま放置です。

time will tell


さて。

週末は、来月に演奏会を控えた吹奏楽の練習へ。


通常時、練習は土曜の夜のみですが

演奏会やコンクールが近づくと

日曜9時5時で集中練習が入ります。


我家、総勢5名の運命共同体ですから

私の日曜日は、私だけのものではありません。


長男のサッカー、下の子達のヨサコイのステージ

そこに地域の行事や祭りが入ることも多く

それぞれの予定を、みんなですり合わせます。


一見、それ全部は無理でしょ!?

というという日でも

それぞれが、それぞれのことやりたさに

なんとか策を捻り出すのです。


時にスケジュールは分刻み。

遅刻したり、早退したり、練習に同行してもらったり

ちょっと頭下げたり、とかで切り抜けます。


もちろん若林も手を貸してくれますが

彼は仕事なわけで。

遊んでいる私としては

仕事をしている彼の手を借りることは

最後の最後の手段にしたいのです。


全力で遊んでいるくせに

つまらないことにはこだわるところが

我ながら滑稽。

ですが

割り切れなさが人間の美しさというものですよ。


やりたいことは自分の責任の下、やりましょう。

というモットーを共有し

やりたいことは主張し合い、譲歩し合い

埋め合わせは全力で。


「その主張し合い」に私も全力で参加するわけです。

やる気のない奴のサッカーやヨサコイのために

貴重な練習時間を削られるようなことがあれば

母さんは怒ります、結構本気で。


毎度、集中練習はそんな感じで

息も絶え絶え参加するのですが

今回は、他の予定がなくフル参加。


余裕です、最高。


「お前はこんなことをやっていていいのか」

吹奏楽に一生懸命になる時に、

いつも自分の胸中からそんな声が聞こえます。


その声には洩れなく惑わされますが

今のところまだ、やってていいと思ってやってます。


随時更新されるその答え。

そのうちノーと言わなきゃいけない日が

来る気がしますが。

それまでは。


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし