top of page

来た、ニムロッド

芥川賞、直木賞

両賞が発表されましたね。


大好きな上田岳弘さんが

芥川賞を受賞されたそうで。


うれしいっ!!!


上田さんの小説は

近未来的にぶっとんでいて

一見、はちゃめちゃ。


人に勧めにくいジャンルです。


「近未来

 地球は肉の海になるよ」


一言でいうと

そういう小説たちです。


人物も場面も時代も

くるくる展開するので

頭がついていかないんですが


全身をイソギンチャクのようにして

そのめいいっぱいの触手の上を

そぉっとそぉっと

物語を転がしながら


掴めるとこだけ掴んで

わかんないところは

わからないままに転がして

読んでいくんです、上田作品。


このそぉっと触る感じと

わかんないなりにたどる感じが好き。


そして

時代の先を行く(行き過ぎる)

達観した世界観、あまりに痛快。


近年

音楽でも小説でもアートでも

答えを提示してくる作品が

ちょっと苦手です。


どうとでも取れるというか

私の中にある答えを

私が拾うきっかけにだけ

なってくれるような

余白というか

自由を孕んだ作品が好みです。


上田作品はまさに。

読後、「どーゆーことだったの!?」

ってなったりして気持ちいい。


読み手に媚びず

天真爛漫に繰り広げられる世界は

その生みの苦しみなんて

微塵も感じさせず

一晩で描き上げるんじゃないか

と思うほど

淀みがありません。


好き。

受賞作ニムロッド、早く読みたい。





最新記事

すべて表示

脱、ポピュラー

台風が来て 早く帰ってきた中学生たちが 早帰りにはしゃいでつかれて お昼寝したまま夕食をスキップ かわいいところがまだあります さて 今日は本の話をいいですか タイムリーな日本の受賞作が ガンガン借りられた町の図書館が 閉館になって以来 この頃は、 ポピュラーで新鮮な国内作品は遠くなり 軽いよね、という理由で 新書や文庫をしばらく読んでいました 群馬旅行でお名前を発見して以来 ずっと気になっていた

さよなら図書室

ブログの更新は2年ぶりのようです 確定申告の準備や 各種展示会がおちつき、それにまつわる記録をまとめる時期なので パソコンに向かう時間がこの頃長いのです そうすると つい余計なことをしたくなります 余計なこと=ブログの更新 2年経ちましたので 一度書いておきますが このブログには 本職スナンタ製作所のことはあまり書かれません 日頃の製作所の様子をお知りになりたい方は ぜひInstagramをご覧く

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

Commenti


bottom of page