来た、ニムロッド

芥川賞、直木賞

両賞が発表されましたね。


大好きな上田岳弘さんが

芥川賞を受賞されたそうで。


うれしいっ!!!


上田さんの小説は

近未来的にぶっとんでいて

一見、はちゃめちゃ。


人に勧めにくいジャンルです。


「近未来

 地球は肉の海になるよ」


一言でいうと

そういう小説たちです。


人物も場面も時代も

くるくる展開するので

頭がついていかないんですが


全身をイソギンチャクのようにして

そのめいいっぱいの触手の上を

そぉっとそぉっと

物語を転がしながら


掴めるとこだけ掴んで

わかんないところは

わからないままに転がして

読んでいくんです、上田作品。


このそぉっと触る感じと

わかんないなりにたどる感じが好き。


そして

時代の先を行く(行き過ぎる)

達観した世界観、あまりに痛快。


近年

音楽でも小説でもアートでも

答えを提示してくる作品が

ちょっと苦手です。


どうとでも取れるというか

私の中にある答えを

私が拾うきっかけにだけ

なってくれるような

余白というか

自由を孕んだ作品が好みです。


上田作品はまさに。

読後、「どーゆーことだったの!?」

ってなったりして気持ちいい。


読み手に媚びず

天真爛漫に繰り広げられる世界は

その生みの苦しみなんて

微塵も感じさせず

一晩で描き上げるんじゃないか

と思うほど

淀みがありません。


好き。

受賞作ニムロッド、早く読みたい。





11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

5月1日

隔離家は若林の書斎でもあるため 若林の本棚があります 木材や森林、建築やアート その辺りの書籍と雑誌 それと おびただしい量の、パンフレット類 それを閉じたファイルの数! ああああああ それ必要なの? 時に勇気を持って尋ねてみるんですが 必要なんだそうです。 物を保管するにも 「管理料」が掛かっているのよ つまり私の手間賃ね。 といつも言うんですけど それにも勝る価値のようです。 それに紛れて数冊

ちょうどクリスマスカラーだし

俄かにサンタさんの動きが活発化している気配を感じ ああもし、もし 私に今年、サンタさんが何かくれるなら その望みを言ってごらんよと 聴いてもらえるなら 何が欲しいと望もうか。 んー クラリネットをメンテナンスに出したい。 極めて、かわいくない返答です。 「自分で出せよ」ってサンタのボヤキが聞こえてきそうです。 小人の靴屋の方が辛うじて近いです。 これだから私にサンタさんは来てくれません。 さて、師