最新作までも

最終更新: 3月4日

次男が

「朱肉」と「春菊」を間違っています。


地元富士川町のお隣

市川三郷町は、ハンコの町で


今年小学校を卒業する次男は

卒業証書にハンコを

隣町に作りに行ったのです。


つくったハンコを持って帰ってきたのは

知っていたのですが。


それで、「春菊ある?」

と聞くので「ないよ」と答えました。


腑に落ちなかったらしい彼は

後に、若林にも同じことを聞きます。


「うちに春菊ってないの?」

お母さんがないっていうならないんじゃないかと

言われた彼は

「えー、ないんだぁ。」と落胆。


それを見て、不審に思った若林。

どんな春菊か聞いたそうです。


「え?ほら、普通の。赤いやつ。」


そのあたりで判明したようです。

彼の短からぬ生きていた時間で

「朱肉」と「春菊」は

ずっと混同されていたのだろうか。


なんて愛おしいのかしら。


こういう言い間違いとか

勘違いは、年々減ってしまいますが


こうしてたまに遭遇すると

嬉しくなってしまいます。


さて。

この頃お灸を始めました。

昨年末から「ツボ」に凝っていて


そうこうしているうちに

たどり着いたお灸です。


もとは

いねの偏頭痛の長男の鼻炎を

なんとかしてあげたくて


食療養の他に、何かないかと探した結果

ツボとリンパマッサージを探りあて


それってつまり

東洋医学なわけで。


そのあたりの本も少し読み。

新鮮な面白いことがたくさん書いてあり。


年が明けて、それが

お灸に達したわけですが。


これがとても楽しいのです。


はじめのうち

全然熱を感じなかった箇所が

回を重ねるごとに、熱さを感じるようになり。


これは、冷えていたツボが

温まった証拠だそうで。


それはそれは

冷え性の私には嬉しいこと。


最初は恐ろしがっていた子供達も

面白がって、参戦してくるようになりましたが


子供のためにたどり着いたはずのお灸は

すっかり私の遊びと化しており。


でもだって

まず自分を実験台にしなければ

効果も何もわからないわけだし。


自分を癒すためのあれこれ贅沢はできませんが

1日の終わりにお灸するくらいなら。


いいと思います。

とても楽しいです。


19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし

5月11日

全日本吹奏楽連盟の 吹奏楽コンクール全国大会の中止が 昨日発表され 全国大会への代表を決める 県大会及び各地区大会の開催は 各地方吹奏楽連盟が決定します と、書かれており。 いや、全国大会がないのに 地方大会だけがあったって なんだっていうのよ と思っていたら 今日、山梨県吹奏楽連盟にも 全部門中止のお知らせが乗りました。 ほほう。 こういうことになるとは 思っていたものの。 中止とな