手放し運転試行

季節は収穫の秋ですから

我家にも食材が溢れています。


白菜、大根、カブ、ニンジン、

ゴボウ、里芋、椎茸、サツマイモ

ついでにじゃがいも、玉ねぎも。


今年は畑をだいぶさぼったので

上記の食材のうち、我家産はじゃがいものみ。


今年も、植えずして豊作。

恵まれてます、相変わらずもらい神がついています。


食べるものをもらうことはありがたいこと。

私は料理が好きだし、家族は食べるのが好き。


↑通常こういう状態なので上手く回るのですが

この頃は若林の不在が続いており

消費力に陰りが。


するとこのサイクルが滞り

私はこどもに「食べてよー」と言い出すわけで。


自身、小さい頃から小食なので

「食べろ」と言われるのが今でも苦手。

だから子どもにも「食べろ」と言うのは

なんか嫌な感じ。


んー。

じゃーどうしよー


あんまり食べないなら

あんまり作らなきゃいいや。

そうすると食材が余るから

そしたらあげちゃえばいいよ。


ということにして。

日持ちしないものは抱え込まず

どんどんあげちゃう作戦。


季節によって、大波のように押し寄せてくる食材を

ひらめきと工夫と手間暇で

上手に乗りこなし楽しんで食べ

血肉にしていくのが好きなので


「あまり作らなくていい」のは

とても残念、はっきり言うと敗北感。

(本当だよ!)


でも考え方によっては

家事から少し手を放してもいいよと、言われてるようでもあり。


そうっ?

そういうことならちょっとときめくっ♪


この頃、中一長男からも

出来るだけ手を放すことを頑張っており。


私は彼を出来る限り「助けない」ことを頑張っています。


子ども個人のタイプと母親のタイプによるでしょうが

私と長男、お互いのタイプから考えて

12歳、この辺りで一度距離を置かずして

今必要な成長を得ることが難しいと踏んだのです。


子どもたちにとって、私は巨大な影響力を持っており

とてもそれが恐ろしい。

彼らの人生をダメにすることも、私にはできちゃう、きっと。


せっかくの食材を腐らせないように

せっかくの子どもを腐らせないように

手放し方だって問われてるんですね、きびしー。








12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

カスタム

気づけば3月。 雛人形をしまおうしまおうと思いつつ あああ 今日はそのままで出かけてきてしまいました。 (本日も田富のガストです) いねちゃん、行き遅れますか。 今日は、朝練の長男を送り ガソリンスタンドに寄ったので 帰り道はいつもと違うルート。 今日1日のことを考えながら上っていると 最後の山道で、登校中の小学生に逢うのです。 もちろん、うちの小学生のおふたり。 その、思っても見なかった遭遇に

田富ガストにて

昨年秋から 次男が体操を習い始め 練習場所が家から少し遠いので その待ち時間で パソコン仕事をするようになりました。 ノートパソコンって便利ですね。 寒い部屋から、暖かい日向へ。 そんな小さな移動もできますが こうして出先にデータを全部持っていって もう好きなだけいじくり回せるのです。 ああ、買ってよかったMacBook。 昨年、MacBookを買って Macデビューです。 今も、一応メインはWi

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み