小遣い備忘録

先日、ゲームのことを書いたので

ついでにお小遣いのことも、備忘録に。


我家のこどもたちもお小遣いがあります。

少額ですが、あげたものはどう使ってももちろん自由。


我家のお小遣いの考え方は

「生きててかわいいね」のお金。


毎月10日がお小遣いの日で

一人ずつ呼んで、手渡すんですが。

「これはね、お勉強を頑張っているからとか

サッカーを頑張っているねとか、

いつも布団を敷いてくれてありがとうねとか

(ここいろいろその時によって違って、長いです)

そういうお金ではないんだよ。

ただね、○○が生きててかわいいねーっていう

そういうお金だからね。はい、どうぞ。」

とか言って渡します。


ぐだぐだよく喋る私に両手を握られながら

目を見てにこにこ頷いてくれます。

いい顔です。


お小遣いは、単純に「評価」とも取れるので

「頑張っているから、お小遣い」

だと、頑張らないと評価しないことになるし。

「家の仕事をしてくれてる分の、お小遣い」

だと、これやったらいくらくれるの?とか言われ出すし。


だいたい、自分が暮らしてる家の仕事をして

お金をもらうというのも、ちょっと違う。

労働の対価は、社会に出た時に知ったらいい。


それよりも

今10歳そこらの彼らに伝わってほしいのは

「生きててかわいいね」ということで。


勉強ができなくなっても、サッカーもやめちゃっても

自分のことがひとつもできなくなったって

お母さん、あんたのことがかわいい。

と、伝えたい。

月イチで。


コンスタントにこれが伝えられたら

私はしあわせ。


数か月前、理由は忘れましたが

長男をがっつり叱った日があって

ああそうだ、ウソをついたとかそんなやつです。


その翌日があいにく10日で

まだ私もくそーって思ってたけども

「あなたがどんなに嘘をついたってね

お母さんはあんたが生きててかわいいんだよ、はい、どうぞ。」

を敢行しました。


ちょっと迷ったんですけど

趣旨からいったら、やっぱりあげてよかったのです。


だって、そんな時こそ言ってやらなくっちゃ。

よかった、間違わなくて。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

カスタム

気づけば3月。 雛人形をしまおうしまおうと思いつつ あああ 今日はそのままで出かけてきてしまいました。 (本日も田富のガストです) いねちゃん、行き遅れますか。 今日は、朝練の長男を送り ガソリンスタンドに寄ったので 帰り道はいつもと違うルート。 今日1日のことを考えながら上っていると 最後の山道で、登校中の小学生に逢うのです。 もちろん、うちの小学生のおふたり。 その、思っても見なかった遭遇に

田富ガストにて

昨年秋から 次男が体操を習い始め 練習場所が家から少し遠いので その待ち時間で パソコン仕事をするようになりました。 ノートパソコンって便利ですね。 寒い部屋から、暖かい日向へ。 そんな小さな移動もできますが こうして出先にデータを全部持っていって もう好きなだけいじくり回せるのです。 ああ、買ってよかったMacBook。 昨年、MacBookを買って Macデビューです。 今も、一応メインはWi

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み