問題は餅とか言い出す男

中学生になったというのに

率先してヨモギを摘んでくれる長男


こんなにかわいくて大丈夫かしら。


今年は彼がいっぱい摘んでくれて

パウンドケーキなら8本分くらいの量が

下処理されて小分け、冷凍されました。


家庭内アンケートにより

「ヨモギケーキっ!」

「ヨモギパンっ!」

「団子っ!」

「ヨモギ餅っ!」


いろいろ出ますが

こういう時、結局私が一番食べたいものが

真っ先に作られます。


はいでは、ケーキでっ♪


ヨモギケーキは

生地が少しねっとりする感じがあって

それがとても好きです。


焼きたてよりも、冷めてから

翌日、翌々日、の方が更に美味しい

という性質を今年初めて掴みました。


はい続いては、パン。


ただ今、食パンに凝ってますので

ヨモギ食パンでいってみよーっ!


プレーンな食パンも満足に焼けないのに

ヨモギなんて混ぜちゃって大丈夫かしら

まーいーか、まーいーや。


憧れの四角い食パンを焼くための

更なる改善点を施し。

型に蓋をした状態で二次発酵。

発酵はさらにじっくり時間をかける。

オーブンの天板を一段高くする。


試作、考察、改善、試作

こういう地味な積み上げが、かなり好きです。


今回、ヨモギが入ったにも関わらず

今までで一番、天井への設置面積が多いパンが焼け。


「これはもう食パンだよっ!」

「四角い食パンだよっ!!」

とみんなは口々に言いましたが。


私としてはまだ、まだ

もう少しちゃんと四角くなるはず、と思えてならず。


しかしスライスしてみると確かに

「し、四角い・・・」


いや、でももっと四角くなります。

四角い枚数が増えます。

もっと角まで攻めます。






10回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月27日

先日のタケノコ 昨日、食べきったと思ったら 今日も、下校の彼らを迎えに行くと 途中の斜面で、ストップコール。 前回は 半袖にタケノコを抱っこして帰って みんなで腕がヒリヒリになったので 今日は、ほらエコバーックっ♪ エコバックは街でも便利ですが 山でも便利です。 山ではいつどこで、どんな豊作に出逢うか わかりませんからねっ! 結局またわんさか摘みました。 摘むのも、剥くのもやってくれますから とに

5月23日

一日フリーのこどもたち。 フリーと言われれば、案外暇そうで 「ねぇお母さんなにしよー」 そんな人たちには 何かとお願いごとをすると叶えてくれます。 夕方五時、さて夕食の支度を始めようという時。 もっちゃん、台所に参上。 「ごはんの準備手伝うよっ♪」 ありがたいです、なんせ。 その延長で、乾かしたハーブたちの茎取りを。 畑のハーブを摘んで乾燥させ 茎を取って粉砕、塩と混ぜてハーブ塩にします。 毎年自

5月19日

火曜、今日は週に一度のファームの日。 町内の有機農園に半日お手伝いにいきます。 今日は 黒米のごみ取り。 からの 玄米の籾摺り。 からの 落花生畑の草取り。 気まぐれ天気のお陰で 今日の作業は三本立て。 そして帰りには 箱いっぱいのはねだしイチゴと玄米とお野菜。 ありがたい。 楽しい、最高。 毎度 へとへとになって帰ってくるんですが。 帰ってきたらきたで 午後は自分の畑へ。 昨日、雨も降ったんだし

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art