top of page

名前はカツラ

かくかくしかじか。

なぜか我が家にドローン到来。


飛んで来たんじゃなくて

アイテムとして

手中にやってきました。


半日の講習を受けてきた若林。

大きな紙袋から

出てくる箱、箱、箱、箱。


まず本体は

え?本体?!ていう小ささ

アルフォートサイズ。


その本体は

軽量化されたゲージに囲まれており

ゲージの質感は園芸っぽい感じ。

形はマッシュルームカットのカツラ。


コントローラーは

ゲームの流用らしくて

まさにゲームのアレ


バッテリー3つ

それと充電器


最後の箱から出てきたのは

お弁当箱・・・


お弁当箱みたいな

でもゴーグル。


説明書は全てUSBに入っていて

その動画を流し見しながら復習。


そこそこ見たら

iPhoneにアプリをダウンロード。


iPhoneと本体がWi-Fiで繋がっていて

基本iPhoneで操縦できるのですが

微細な調整が難しいので

コントローラーを

ブルートゥースで繋いで

操縦するようです。


ほほう。

わかったわかった、いざ飛行。


うぃぃぃぃーんっ♪


4つのプロペラが

4匹の蜂の羽音みたいに高低なり響き。

浮かぶ虫の群像。


自動でホバリングしてくれる

初心者モデルなので

慎重にやれば操縦は

難しくありません。


その羽音と

異様に制御された動きが

気持ち悪いです。


テクノロジーは進化していますね。

我々もうすぐ40ですが

まだこの波に付いて行かないと

いけないなと実感。

ギリギリです。


なんかよくわかりませんが

このタイミングで

我が家にドローンが来たから

もう少し勉強してみます。


お弁当箱はまだ使っていません。



最新記事

すべて表示

無論、ままどおるも

一歩そとに出れば 食糧に逢えるこの季節 蓬団子をつくり ウド飯を握り いちごジャムを煮て 蕗と三つ葉をつみます そういえば 例年やってくる筍ビッグウェーブが 今年はありません 不作だそうで 少し寂しいかと言われたら いや、そうでもない 一年くらい あの仕事から逃れるのもよい さて 先日叔父が亡くなり、福島へ帰省 子どもたちの修学旅行や宿泊学習と重なり 帰省に時間が割けたのは私と長男 初めて福島への

群馬最高

娘とふたり旅 結果、行き先は群馬となり 榛名湖、榛名神社(本殿工事中!)を回って 赤城山の麓の道の駅で一泊 娘は免許を持っていないので 運転はずっと私 これが案外疲れる! 若い頃には運転が疲れるなんて 思ったこともなかったのに それから その当時はスマホがなくて ロードマップ頼みで走りました 行き先も寄り道も、宿泊先(道の駅)も 全部ロードマップに情報があり それだけ見ていればよかったんですが 今

そうだ群馬へいこう

かくかくしかじか 娘と出かけるふたり旅 行き先は群馬 いや、本当の行き先は宇都宮 なんだかこの頃、忙し過ぎて というか いろいろ自分で詰め込み過ぎて 環境に対する感謝も何もないなと 思えていて 本当はあれこれありがたいはずなのに どれもこれも面倒でうるさくて あまり自分も好きじゃない とか気づいてしまったこんな時は そーだー旅に出よおー 学生の頃はよくひとりで旅をして 車で寝て起きて走って遠くまで

Comments


bottom of page