参加賞はゴミ袋120枚っ!

いねの水ぼうそう。

かくかくしがじか、どうも違ったかもしれなくて。


いろいろは、また後に書くとして。

ともかく、彼女は今日から社会復帰しました。


今日は町の運動会。

富士川町は、スポーツが盛ん。


町のグラウンドには聖火台があって

それぞれの区では毎年運動会をやってて

駅伝大会もあったり


そういう町の運動会ですからね

結構盛り上がります。


毎年強い区があって

その人たちは、Aパート内で競技ごとに加点され


昨年成績で下位だった区はBパートに区分され

そのパート内で競技ごとの加点を競います


総合順位は、単純に点数で決まるため

Bパートトップなら優勝もあり得ます。


私たちのチーム穂積区は、町を誇る僻地っ!

人が少ないというハンディを背負いつつ

正々堂々と、運動会を楽しんできましたっ♪


走ったり、投げたり、すくったり、綱引いたり

たのしいっ♪


去年まで若林はリレーにエントリーしていて

ロケットみたいな俊足を披露して

私にキャーキャー言わせていたのに


今年はなぜか辞退してて

なんでー、なんで走ってよー。


若林が走ったらもっと運動会が楽しいのに。

(来年は是非走ってください)


こどもたちも、学校演技として一輪車を披露し。

それはそれは、穂積テントから大きな声援が飛び。


この大きなグランドで見ると

彼らの姿はとても小さく、少ないのです

全校生徒26人ですから。


なのにその堂々とした姿っ!!

練習してきたことを出し切って、臆せず披露する姿に。


母親陣はみな泣いちゃうのです。

楽しい運動会の最中でも

この前も同じ演技見たじゃんって言われても。


そーゆー問題じゃないの

女子は蓄積型だから、一度泣いて消化されたりはしないの

感動は蓄積されてるから、また同じでもいつでも泣けるの。


泣いたり笑ったり

砂埃の臭いを嗅ぎながら、一日みんなといて。


あー楽しかった。

そして、結果奇跡の準優勝ねっ!


無論Bパートからのまぐれな勝ち上がりですけど

やったーっ♪


だから来年は Aパート昇格で、きっとめっためたです。

最新記事

すべて表示

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

5月7日

毎日家にいるし わずらわしい前髪をあげちゃって おでこを出して暮らしています。 すると途端に 眉毛が気になり出し。 気になり出したら まぁ気になって気になって。 初めて、アイブロウをつくりました。 色が濃いので、粉飛びは困ります。 扱いやすさ重視でプレスドパウダータイプに挑戦。 その失敗の見事さよ。 ばりっばりにし割れて 小さなブロック状のアイブロウがたくさんできました。 ほほう。 超

5月2日

恐らく今シーズン最後の製材を 昨日してきて 持って帰ってきたクワノキ達を 子ども達が皮を剥きます。 このスナンタの隣の集落の木で 依頼があって切りました。 伐採と製材は この折に配慮して、立ち会えずでしたが 過酷な搬出を手伝った次男は 「皮は僕に剥かせてね!!」 っとまで言うのです。 たーのもしー ありがとーっ♪ さて 私たちが暮らす集落、スナンタは 街から車で5分上った山の中腹で 町内の人でも

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi