top of page

半紙に名前を

更新をさぼっている間

楽しいこともたくさんあって


静岡に行きました。

ちょこっと仕事、そのついでに一日観光。


富士山と海と松林がこぞってフレームインする

三保の松原(世界遺産)へ。


しかし絶好の三保日和に恵まれ

そこにあるはずの富士山が微塵も見えず。


あるはずのあんなに大きな山が

全く、全く見えないということの不思議。


空気の粒達の意志の結集。

ちりも積もれば山となる、恐るべし。


まぁいいよ、まぁいい。

海の波がこんなにも寄せては返すことを

久しぶりに思い出せただけでも。


海の石はいろんな色があることも

裸足で歩くと砂の熱さが尋常じゃないことも。

久しぶりに思い出したので。


海、いい。


お昼は、あらかじめ聞いたお店へ。

美味しいっ!安いっ!


これはこれは。

これが寿司なら、○○寿司の寿司は

嘘の寿司だよ。


静岡は楽しいところです。

まず美味しいし。

今度は是非、深海魚水族館へ行きたい。


その数日後、私夫人39歳になりました。

みんなが部屋を飾ってくれて、

冷しゃぶをしゃぶしゃぶしてくれて

「本日の主役」のタスキを掛けてくれて


なんかみんなが

うきうきそわそわしていて変な空気。


しあわせとは、こういう気持ちのことだなぁ。

と思いました。


このしあわせ跨ぎで、家族の不調が折り重なり。

この翌日から、いねの暗黒時代が始まったわけです。


ああ。

もう過ぎてしまったから、よかった。



最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Comments


bottom of page