半紙に名前を

更新をさぼっている間

楽しいこともたくさんあって


静岡に行きました。

ちょこっと仕事、そのついでに一日観光。


富士山と海と松林がこぞってフレームインする

三保の松原(世界遺産)へ。


しかし絶好の三保日和に恵まれ

そこにあるはずの富士山が微塵も見えず。


あるはずのあんなに大きな山が

全く、全く見えないということの不思議。


空気の粒達の意志の結集。

ちりも積もれば山となる、恐るべし。


まぁいいよ、まぁいい。

海の波がこんなにも寄せては返すことを

久しぶりに思い出せただけでも。


海の石はいろんな色があることも

裸足で歩くと砂の熱さが尋常じゃないことも。

久しぶりに思い出したので。


海、いい。


お昼は、あらかじめ聞いたお店へ。

美味しいっ!安いっ!


これはこれは。

これが寿司なら、○○寿司の寿司は

嘘の寿司だよ。


静岡は楽しいところです。

まず美味しいし。

今度は是非、深海魚水族館へ行きたい。


その数日後、私夫人39歳になりました。

みんなが部屋を飾ってくれて、

冷しゃぶをしゃぶしゃぶしてくれて

「本日の主役」のタスキを掛けてくれて


なんかみんなが

うきうきそわそわしていて変な空気。


しあわせとは、こういう気持ちのことだなぁ。

と思いました。


このしあわせ跨ぎで、家族の不調が折り重なり。

この翌日から、いねの暗黒時代が始まったわけです。


ああ。

もう過ぎてしまったから、よかった。



8回の閲覧

最新記事

すべて表示

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi