冤罪、毒インコ

今、この部屋に鳥がいます。

インコ。


ご主人がお出掛けで

数日のお預かりです。


名前はキィちゃん。

何度かこうしてうちに泊まっていて

もう常連さん。


子供たちも喜んで

水を替えたり餌を替えたり

小松菜を差し入れたり。

かいがいしく世話を焼きます。


キィちゃんは

喋るときはたくさん喋りますは

黙るときは、とても静かです。


黙ってるキィちゃんを傍らに

若林とインコ談義。


鳥って頭小さいよね。

こんな小さい脳みそじゃ

情報処理能力低いよね。

じゃあ言葉はきっと

わかってないよね。


それにそうじゃなくちゃ

こんなカゴの中じゃ

生きていけないよ。

人じゃ狂って死んじゃう。


っていうか、鳥籠は小さいよね。

だって鳥って鳥だよ、本来大空だよ。


でもインコは

野生じゃ生きられないじゃない?

ペット用でしょ?

分かんないよ、生きていけるかも。

だって毒ありそうな色してんじゃん。


ピチチ!ピチチクルクル!!!

ピピチ!チチクククチチ!!!!


そこまで黙って聞いてたキィちゃん。

なんかすごい勢いで反論。


毒なんかないってっ!!

あんたたちインコの何も

知らないくせに

勝手なことばっか言って!!!

さっきから!!!

毒はないよっ!!


明らかに怒ってたなー、あれは。


あの大きさの脳みそで

この情報量を処理してるなら

キィちゃんの脳みそは

スマートタイプの超高性能。


人にわからないことは

この世に膨大にあるはず。

そっか。



25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし