不評おかあさん

最終更新: 2019年1月29日

こどもたちはゲームが好きです。


あいにくテレビは壊れているので

しょーもない古いタブレットで

しょーもないゲームをやっています。


それでもゲームの魔力は十分健在で

現実世界のいろいろを

脳内からすっかり追いやって

それをお母さんから

指摘されればツンケンする

という作用が現れています。


ゲーム使用のルールは

自分たちで決めてもらい

「守れますね」

「はい守れます」

と交わしたはずなのに。


何度となく平然と

それをやぶっては

まるで指摘する私が悪のように

憎悪の目を向けるわけで。


おい!


日頃これでもかと

愛を注いでいる相手に

そんな鋭い目を向けられて

「はいはいそうね」と

言える程、私は仏ではなく。


これが相手ひとり、私ひとり

の間で起こることなら

まだ耐えられるものの。


相手3人、私ひとりとなると

彼らの言い分を聞いた上で諭し、

納得をとりつける

なんてその気力が失せてしまいます。


そこで失せてたのでは

母親という商売、いろいろ無意味で

こういうところが踏ん張りどころ。


正しくは、そうですよ。

正しくは。


そんな正しいことをわかってる自分と

もうやだお前たちなんてクソだ

と思う自分が

拮抗しては、たいてい後者が勝ち。

(↑ダメなやつです)


だって私、仏じゃないもーん。


大人気ないって言われてもさー

母親が仏だって誰が決めたのー

人として扱ってください、

母も人です。


あ、違う。

そいういうことを書こうと思ったんじゃないんです。

こどもがかわいかったって話を書こうと思ったのに

愚痴が勝手に。


その話、次の記事で→





15回の閲覧

最新記事

すべて表示

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

5月30日

そうだ。 先日、くろがねや(最寄りのホームセンター)に行った際 買い物を終え店を出て 左右を確認して駐車場内の通路を渡り 車に乗り込みました。 そのまま、帰宅の予定だったので 駐車場内の通路を徐行して出口に向かうところで 通路に何かが落ちている。 もう頭の中は帰宅後の仕事のことでいっぱい。 でも、見るともなく見ていたような その落とし物 視界で鮮明に あれ?はっきりしてくる 「あっ!!私のお財布っ

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi