top of page

不評おかあさん

更新日:2019年1月29日

こどもたちはゲームが好きです。


あいにくテレビは壊れているので

しょーもない古いタブレットで

しょーもないゲームをやっています。


それでもゲームの魔力は十分健在で

現実世界のいろいろを

脳内からすっかり追いやって

それをお母さんから

指摘されればツンケンする

という作用が現れています。


ゲーム使用のルールは

自分たちで決めてもらい

「守れますね」

「はい守れます」

と交わしたはずなのに。


何度となく平然と

それをやぶっては

まるで指摘する私が悪のように

憎悪の目を向けるわけで。


おい!


日頃これでもかと

愛を注いでいる相手に

そんな鋭い目を向けられて

「はいはいそうね」と

言える程、私は仏ではなく。


これが相手ひとり、私ひとり

の間で起こることなら

まだ耐えられるものの。


相手3人、私ひとりとなると

彼らの言い分を聞いた上で諭し、

納得をとりつける

なんてその気力が失せてしまいます。


そこで失せてたのでは

母親という商売、いろいろ無意味で

こういうところが踏ん張りどころ。


正しくは、そうですよ。

正しくは。


そんな正しいことをわかってる自分と

もうやだお前たちなんてクソだ

と思う自分が

拮抗しては、たいてい後者が勝ち。

(↑ダメなやつです)


だって私、仏じゃないもーん。


大人気ないって言われてもさー

母親が仏だって誰が決めたのー

人として扱ってください、

母も人です。


あ、違う。

そいういうことを書こうと思ったんじゃないんです。

こどもがかわいかったって話を書こうと思ったのに

愚痴が勝手に。


その話、次の記事で→





閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘の友達が遊びに来ました これはあまりないことで つきあいの長い彼女ですが まだ保育園の頃にお泊まりに来た以来 玄関先に何かを届けに来たりした程度で そうだなぁ、お家の中で遊んだことは なかったような気がします 小学校6年生になった彼女たちは 帰ってくるなり、向かい合って座ったと思えば テーブルにワークを広げ 宿題を始めるのですが ずっと笑っていました 「え?どこから始めたの?」 うふふふふ 「こ

若林さんちは山に住んでいるので どこに行くにもとりあえず山を下ります いつも甲府の学校まで自転車で通う長男 毎朝1時間のサイクルエクササイズ その効果により「筋肉長男」の異名を得て なかなか頼もしい存在になっています 行きは下りですから この季節は寒さとの戦い 帰りは上りですから 修行、トレーニング 電車も通っているのに あえて自転車通学を楽しんでいる彼ですが さすがに寒波でつるつるの峠道は 送っ

昨日の朝くらいから舞い始めた雪が 夜まで降り続いたようで 道路も真っ白になった今朝のスナンタ しかも快晴 教室の窓から 降る雪を1日眺めていたこどもたちは 昨日、夕方帰宅するなり スキーウェアに着替えて姿を消し 夕飯の時間に遅刻して 鼻を真っ赤にして帰ってきたと思えば 「雪合戦、く○たのしー!」 今日しかできないかもしれないから 夜雪合戦、やってきたら? 夕飯もかっこむ感じで食べ終えて 再び飛び出

bottom of page