ランスロが好き

演奏会が終わり、

春から続いた吹奏楽のハードシーズンは

これにて一旦ペースを落とします。


春の演奏会の練習が始るまで

2ヶ月くらいの間

だいぶ肩の力を抜いておけます。


この時期、練習をサボるかといえば

サボらないんですねー

だって好きですから。


目下練習するべき曲は

演奏会前だと十数曲あるのですが

今は3曲。


その分、個人練習にも余裕があり

やりたいことがやれます。


自分の音を聴いたり

姿勢とか息の吸い方、吐き方

口の形や指の位置など

忙しいとやれない地味なことを

じっくりいじいじやっていられます。

楽しいっ♪


家事中の耳も自由なので

ドビュッシーの第一狂詩曲の

いろんな演奏者の動画を落とし

聴き比べin台所、with大学いも。


食事中もBGMはドビュッシー。

耳を澄ます私に気づいたのか、次男

急に「はっこねっのやっまっはー♪」

腹に座ったいい声で弾みをつけて歌い出し。


その意を汲んでか

長男もアニーローリーを歌い出し。


そうした様子に慌てたいねは部屋を出て行き

音楽のファイルを持って戻ってきて

座りもせずに身体を揺らし

「ちゃいっろのーこっびんはーっ♪」


おおおおお

にこにことみんなが、こんなに思うままに

好きな歌を悠々と歌うのね。


気づくと長男は

二曲目大地讃賞に突入。

自慢のファルセットで伸び伸びと歌い。


次男は弾みを更に増して

ただただ箱根八里。


そしたら歌っちゃうわけです

私はドビュッシーを。


民謡、児童唱歌、合唱曲に

クラシックが加わりカオス。

夕食が急にカオス。


楽しい人たちだなぁと思います。

楽しい人に囲まれて生きているな、私は。


若林がここにいたら

一体何の曲を歌ったんでしょうか。

(まだいないのです)


多分、きっと

松山千春だと思います。

最新記事

すべて表示

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

5月30日

そうだ。 先日、くろがねや(最寄りのホームセンター)に行った際 買い物を終え店を出て 左右を確認して駐車場内の通路を渡り 車に乗り込みました。 そのまま、帰宅の予定だったので 駐車場内の通路を徐行して出口に向かうところで 通路に何かが落ちている。 もう頭の中は帰宅後の仕事のことでいっぱい。 でも、見るともなく見ていたような その落とし物 視界で鮮明に あれ?はっきりしてくる 「あっ!!私のお財布っ

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi