モンモリロナイトで

児童館の彫刻

いよいよ設置が始まっています。

今日で3日目。


建物は既に町に引き渡されており

工事が進行しているのは外構のみ。


建物内で作業するのは

私たちだけ。

床はぴかぴか

壁は真っ白


数多の職人さんの

数多の手数の結晶


今回は壁面設置なので

白い壁にビスを撃っていくのも

ドキドキです。


こんな現場に

私も居合わせられるなんて

珍しいことで


それはひとえに

現場が近いからーっ♪


これが県外では

なかなか一緒に何日も行けません。


こんな美味しい作業を

誰か他の人に渡すことなく

今回は私も加担できたので

しあわせです。


発案から、構想、試作

本製作、仕上げ、塗装

そして、設置に至るわけで。


設置なんて、ほんのごく上澄みの作業。


でも、作品の質を高める最後の工程。

粘りと潔さをもって

まぁ、そこそこに。


壁面にパーツをビスで固定した後

木部に見えちゃうビス穴を隠すんですが

その樹種それぞれの色味が違うので

何種類もパテを用意。


既成の色か、ブレンドか。

つくった色と木肌の色を比べる作業は


あ。

ファンデーションづくりに似てる。


色味の幅も

オークルからベージュみたいなもので

大差なく。


ってことは。

どうしようもないと思っていた

カエデの淡いピンクには


普段、私の

ファンデーションの顔料として

活躍している

赤い粘土を大抜擢。


どこで何が役に立つかわかりませんねー

私じゃなきゃできない仕事ができて

喜びです。


今日で現場撤収まで完了です。

あとはちょこちょこ手直し。


そしてこの忙しい最中

明日は、年に一度の味噌DAYということで。


仕事、休みっ!!

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

5月26日

3月から続いたイベント自粛の流れ。 スナンタ製作所でも、いくつかのわくわくが 泡と消えていきました。 緊急事態宣言は解除になったもの イベントへの抵抗感は根強いかもしれず。 そんな中 うれしいお誘いをいただきました。 隣山にある「増穂登り窯」での 作陶展に若林も加え 4人展を開催することになりました。 開催はまだ先、7月中旬ではありますが 「アポイントメントギャラリー」と銘打って 完全予約制、一時

5月9日

パソコンに外付けしたHD 数年分のデータの全てが ワンクリックで消滅してしまう そんなことがあり得るとわかったので これは恐ろしいな 信用し過ぎたらだめだな と、反省しました。 (データは無事に復旧できました) 実はそのデータ消滅事件の前にも やらかしていて オリジナルドメインの更新を忘れていて メールが受信できなくなり それに気づいて設定をいじったところ 旧HPが閲覧できなくなったりと てんやわ

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi