top of page

ドローンのその後

我が家にやって来た

テローという名のドローン。


その後

仲良くなるために、何度も触り。

繰り返しいじる毎に

気づくことがあり。


お弁当箱みたいな

大袈裟なゴーグルを掛けると

搭載カメラの視野が

そのまま自分の視野になり


つまりは

自分のいる世界を

自分込みで

自分以外の視点で見るわけで


それはなんというか

アレだよね

アレ、ほら。

双子のやつ。


アレだよ。

そう、幽体離脱っ!!


幽体離脱しないと

見られなかった世界を

幽体離脱なしに体験

イッツ、ドローン。


これは個人的に

哲学路線で

非常に拓けてくる刺激で。

「空が広がっているのではなく

宇宙の中に自分たちが

ぽつんと浮いている。」

(トロンプルイユの星本文より)


そもそも果てしない世界は

自分を中心にしなくなった途端

その果てしなさが本気を出し


世界の大きさに対する

自分の小ささを

本来の尺度で突きつけてくれて。


普段、知ってるようで

知らんぷりしている

心許なさが

全開でこんにちは。


こんな視点は革命です。


問題も多いし

何のために必要なの

何に使われるの

とどちらかというと

アンチだったドローンですが


そっかー

簡単に拒否しちゃいけないなー

新鮮の種を多分いっぱい

孕んでいるドローン。


もうちょっと

仲良くなってみます。













最新記事

すべて表示

写真は5年分齢をとってました

先日、運転免許証の更新手続きをしてきました なんと 今回、生まれてはじめての ゴールド免許 自覚的に そんなに優良なドライバーではないと思うのですが くれるよというなら もらっておきます、ゴールド免許 私が今乗っているかわいいエブリは (スズキの「軽っぱこ」といわれるやつです) なんだかべこべこで んー ひとつひとつのキズについて思いかえせば あー確かにー 台風の次の日にぶつけたなー、とか 草刈機

42歳モデルデビュー

私はスナンタ製作所のなんでもやですが この頃は、そのなんでもの範囲が広がっていて 今日はついに モデルになりました ただ モデル、兼、カメラマン 三脚を立て、シャッターを押し 急いでスツールに腰掛け、くつろいだポーズ! ネックレスやピアスをつけ あっちむいたり、こっちむいたり 顔がやっぱいアレなんだ、下を向いたり 全部、ひとりです シュールな光景です でも わざわざ誰かにモデルを頼んでも もたもた

もうすぐ焚火

髪を結ぶ娘と ネクタイを結ぶ息子が交差する朝 なんだみんなおおきくなたなぁ 気づけば私は 「母」でいなくてはならない時間が だいぶ減っています 「母」でない時間、一体私は何なのか それは「私」です 「母」も「私」ではないのかと 若林によく言われますが それは違うんだな❤︎ そうやって 捨て身で母業を担ったことが よかったのか、よくなかったのか 今となってもよくわからないのですが 私の不器用さと、性

留言


bottom of page