タッパーの神様

先日若林がもらってきた

山のような大根及び

それに付随する大根葉。


大根は日持ちがするけれど

葉っぱはそうでもないので

駆け足で食べます。


「山のよう」って表現しますが

実際、山です。


数日、数回に分けて加工。

新巻鮭を加えてふりかけとか

茹でて漬けたりとか。


今日最後の加工をして

多分明日には食べきるでしょう。

コンプリート、はっはっは。


今日も茹でて刻んで

焼鮭と併せてふりかけです。

大きなフライパンに

ごっぞりつくって。


さて何に入れて置こうかな。

硝子のタッパーとか

瓶とか、お弁当箱とか


手元にある

ありとあらゆく容器の中から

容量と用途をもとに選定、2秒。


選んだミニ重箱に二段。

よそっていくと、ぴったりっ♪


この

「選んだ容器が用途にぴったりっ♪」

という現象は

私をこのうえなく喜ばせます。


地味な仕事に従事してきた

私のこの十数年の全てを認め

「あなたのスキルはここにあるよ!」

とでもいうようで

私はそれによって

救われ、報われ、労われ

大きな愛で抱かれるのです。

(うそ)


この前も

ぴちぴちの黒豆をたっぷり煮て

出してきた容器に二つ

ああ、あ、あ、あ、ぎりぎり?ぎり?

ぴったりーっ♪


ちなみに

「ぴったり」にすることはできても

「何リットル?」と聞かれたら

それは不明。


この種の喜びの

他のバージョンとしては

芋や肉にまぶすための

片栗粉とか小麦粉を

過不足なく出せた時の

「食材の水分量と表面積を

完全に把握できているっ♪」

というのがあります。


絶妙に複雑な妙技は

日々の地味な暮らしの

繰り返しからしか獲得できません。


なんと素晴らしき

地味な暮らしの地味な腕。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月27日

先日のタケノコ 昨日、食べきったと思ったら 今日も、下校の彼らを迎えに行くと 途中の斜面で、ストップコール。 前回は 半袖にタケノコを抱っこして帰って みんなで腕がヒリヒリになったので 今日は、ほらエコバーックっ♪ エコバックは街でも便利ですが 山でも便利です。 山ではいつどこで、どんな豊作に出逢うか わかりませんからねっ! 結局またわんさか摘みました。 摘むのも、剥くのもやってくれますから とに

5月23日

一日フリーのこどもたち。 フリーと言われれば、案外暇そうで 「ねぇお母さんなにしよー」 そんな人たちには 何かとお願いごとをすると叶えてくれます。 夕方五時、さて夕食の支度を始めようという時。 もっちゃん、台所に参上。 「ごはんの準備手伝うよっ♪」 ありがたいです、なんせ。 その延長で、乾かしたハーブたちの茎取りを。 畑のハーブを摘んで乾燥させ 茎を取って粉砕、塩と混ぜてハーブ塩にします。 毎年自

5月19日

火曜、今日は週に一度のファームの日。 町内の有機農園に半日お手伝いにいきます。 今日は 黒米のごみ取り。 からの 玄米の籾摺り。 からの 落花生畑の草取り。 気まぐれ天気のお陰で 今日の作業は三本立て。 そして帰りには 箱いっぱいのはねだしイチゴと玄米とお野菜。 ありがたい。 楽しい、最高。 毎度 へとへとになって帰ってくるんですが。 帰ってきたらきたで 午後は自分の畑へ。 昨日、雨も降ったんだし

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi