ゴキパンカーティー

2週間ぶりに、若林が帰ってきました。

遭難していたわけではないんですが

福島-北海道-福島-千葉-山梨-福島-山梨

の、旅から生きて帰って来たわけです。


ごくろうさま。

の他、言葉が見つかりません。

よくやります。


北海道とわずか3文字で書いても

それはそれは広いので

本来なら

小樽-札幌-美唄-札幌-美唄-札幌-小樽

となります。


その移動距離。

もう本当によくやります。


途中「山梨」が挟んでいるのは

一瞬帰宅したからで。

滞在時間30時間程度で

荷卸しを済ませ、次の旅に出たのです。


ご活発です。


留守番組も負けじとご活発で

北杜へ行ったり、長野へ行ったり

ヨサコイ組に引っ張れて遠出が続き。


なんやかんや、みんなやっと落ち着いたのが

この3連休の最終日で。


あーもー寝よう寝よう寝よう!!!


そそくさと就寝したその夜の

その次の朝、珍しい家族全員フリーな朝。


目覚めると、なんと9時・・・

9時っ!?


こんなお寝坊、初めてっ♪

朝の早い若林さんちは、

6時半まで寝れば「お寝坊」

7時まで寝たらもうそれは奇跡。

8時まですら寝ていたことはないと思われ


だって。

誰かしら起きるのです。

誰かしらが起きて、むくむくし出して

そうしているうちキャーキャーいいですのです。


そんなわけですから

この「9時まで寝てた」というハッピーに

みんながわいわい湧いちゃって


「えー♪じゃああと一時間でおやつじゃーん♪」

「そんなわけないじゃーん、おやつは抜きだよー♪」

「えー、いいじゃーんっ♪」


うだうだ。


結局、朝ごはんを食べたら昼ごはんまでにお腹がすかず

2食のラーメンを5人で食べ。

結局うかうか、眠たい午後を過ごし。


あー、なんだ

やっぱりお寝坊のしあわせは幻だな。

ということになりました。


ほどほどがいいです。


しかし夜は胃も元気で

唐揚げを揚げての

「無事のご帰還パーティー」となりました。


「ご帰還パーティー」が言いにくくて人気者でした。





24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし