top of page

ゲームへの取組み

長男は中学一年生

次男は小学5年生


そうです、ゲーム盛りです。


ゲームの魅力がわからない、私。

取り憑かれたように、ゲームに向かい

やるべきこともろくにやらない感じがいやで

「ゲームはきらい」と公言しています。


しかし

「ゲームが好き」な少年たち。


さて、いかにして気持ちよく共生するか。


まず当然、ルールを決めますよね。

一日の持ち時間があり、タイマーでそれを測ります。

無論、自己申告制。

ルールはみんなで決めます。


これを続けてみましたが

タイマーをかけ忘れて(そんなふりして)だらだらやることが多く

そうすると、「タイマーをかけているか」

ということが私も気になりだして、チェックするようになり。


ルールが守られていないと

私も怒るし、彼らは怒られるし

告発する奴もいるし、ぎすぎす。


何度もルールを改正。

目的は、やりたいことがやれること。

気持ちよくみんなが暮らすこと。


何度改正を重ねても、破るわ破るわ。

約束が破られれば、私は悲しくなるしがっかりします。


よーし。

これではだめだということがわかったーっ!!


やってもやってもダメな時は

思い切って、変えてみよう。


ということで

ゲームやり放題を提案。

とにかく好きなだけやってみなさい、の一週間。

一週間後に反省会ね、はいやり放題スタートっ!


その一週間は

案外、私のストレスは少なくて良好。

「母さんから見えないところでやってね」

も効いていました。


そして反省会では

子どもたちは、満足。

私も、ストレスが減ったし満足。


でも、やっぱり

こどもたちの毎日の中で、見つけてもらいたい面白いことが

全部素通りしちゃうよね、ゲームをやってたら。

ゲームの他にも、楽しいことがいっぱいあるから

それに出逢わないで成長していくことは

なんかやっぱりもったいないよ。


という私の意見に。

子どもたちも、概ね同意。


ゲームは中毒性があるみたいなので

毎日少しずつやる、ということはとても難しく。

だから、やる時は充分にやって

やらない時は、しっかり絶つ。


結果。

5年生は一週間やり放題、その後2週間の脱ゲーム週間。

中学生は一週間やり放題、一週間の脱ゲーム。


中学生は、日常ゲームをしてる暇がほぼありません。

だから、1対1の割合です。


たまに一日中フリーな休日には

さすがにやりすぎじゃないの?!という日もあって

そういう日のために

母さんからのストップが掛かったらその日はそれまで。

というルールも加えました。


脱ゲーム週間の人に、ゲームの話をするのはNG。

ゲームは、脱ゲームの人の前ではやらない。


こんなルールでしばらく続けていますが

なんだかんだ、ストレスが減って良好です。


脱ゲームの時期の彼らの遊びは愛らしく

ビー玉を転がすコースをレゴでつくっり

そういう遊びは、小さい頃もやってましたが

彼ら、成長しているのでレベルが格段に上がっており。


ビー玉、ジャンプしたり

途中でいなくなったり

成功率をわざと落としていたりして。


こういう遊びを見ていると

彼らのことが一層好きになるのです。


最新記事

すべて表示

に気温が上がるこの頃 私は数日引きこもっているので 全く問題ないのですが 毎日自転車で 甲府から帰ってくる長男は 帰宅して一言目に 「もうあつい!! だめだもう世界はおわりだ!!」 もう本当におもしろい 長男は高校2年生になりました この頃では なんだか筋肉がついてきて やたらと存在に量があり ヨーグルトを食べるときの スプーンが小さく見えたのを 笑ったのをかわきりに 箸が、コップが、スマホが 段

桜が終わり、水仙が終わり、はなももも終わり 今はハナミズキがきれいに咲いています 遠くに見える山々も蛍光色でひかっています ああなんて春なんだろう 我が家の新生活のこどもたちは とても元気 とりあえずすべりだしが大丈夫そうで よかった!! 共に中学生になった2番目の人と3番も目の人は ずっとなかよしですが そのなかよしに輪がかかり この頃では ほっぺ5回さわられたら負けゲームに興じています ひょい

ひもじい群馬旅行から帰ってきて あっというまに入学式の娘 小さな小学校から大きな中学校へ 小学校からのたった二人の同級生とは 別々のクラスになりました ちょっとだけ心配したんですが なんだか毎日いい顔で帰ってきます 見慣れない女子の制服を着て ランドセルじゃない大きなリュックを背負い 走り小さくなっていく彼女の姿は 新しい生物 こんなかわいらしい、きらきらした 素敵な肌色の、新しい生物 女子中学生

bottom of page