グッジョブ、春

前回、若林の夜明けの件を書きましたが

もう少し書かせて下さい。


いやあまりにも

世の中うまく回っているなぁっと

思えて止まず。


思い起こせば、今年の春。

2ヶ月の休校下、家の仕事を子ども達と

くる日も来る日もこなし


彼らのパワーと魅力に気づかされ

それがお互いさまだったのか知れませんが

彼らとの信頼関係がこの頃を機に

厚くなった感がありました。


同時にこの頃、時間があったので

数年ぶりにヨガを再開し

習慣化して今も続けています。


毎日やっていれば

身体も少しずつ変わっていくもので

できなかったことができるようになって

これがまた面白くて続くわけです。


そうしてやってきた、秋。

現場に出向く仕事や

私が一人で出かける電気工事が入ってきます。


フルタイムで家を空ければ

夕食の支度が遅れますが

献立を伝言板に書いていけば

ある程度のことを、子供達がやってくれます。


(ここは感動するところです)


休校中の成果です。

料理に必要な器具や食材のありかを

彼らはだいたい把握してくれています。


そして

ある程度のこと、ができるわけです。

感動。


家のことを、誰かにやってもらうこと。


家事を独り占めすることを辞めることが

ここ一年ほどで、少しずつできてきて


つまりは

長年温めてきた自分のテリトリーを

手放すこと、なんですが

それが休校中に加速できました。


それから電気工事は

知識や技術もありますが、その前に

「体幹」が必要です。


脚立の上で

上を向いたり下を向いたり

狭い箇所もあるので

変な格好で作業することも多く。


ここで半年やってたヨガの成果が

少なからず役立っていると思えます。


いろんなことが

うまい順序で組み立てられて

パチパチパチパチ!


半年経って思うことは

休校期間に、しっかりやることやったな!!

ということ。


惚れ惚れ。









15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み

乾杯!

「隅っこが上手いね」 2人で黙々と漆喰を塗ります。 若林、珍しく 夫人を褒めて伸ばす方針のようです。 「隅っこの美緒って呼んでよ❤︎」 (即座) 調子に乗るまでがとても早い。 有頂天がすぐそこ。 楽しい仕事をさせてもらっています。 さて。 先月、小麦もまきおわり 畑の草も、もうそんなに伸びないので 畑仕事の時間が減り。 山のくるみももう落ちない頃合いなので くるみ仕事もひと段落しており。 仕事に割

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi