よろしく玉ねぎ

最終更新: 2018年12月16日

通常

土に肥料をすきこんで二週間 とか言いますが


面倒くさいので、そーゆーのは無視。


なんかいろいろ守っても

出来るときは出来るし

出来ない時は出来ないことを

この頃悟って

あまりきちきち言わずやることにしています


だって サルも鹿も来るし。


私の畑は電柵がないので

動物入り放題


かぼちゃも落花生も

キュウリもネギも

とにかくいろいろ被害に遭います。


でも彼らも

全部は持っていかないのです

少なくとも

半分くらいは置いていきます。


山は俺らのものだけど

植えたのはお前だから

半分はやるっ♪

といわんばかりに。

サルと畑を共有している現状です。


玉ねぎの苗を

一本一本刺して

根元に土を掛ける時

「大きい玉ねぎになるんだよ 」

「甘いたまねぎになるんだよ 」

「肥料はあまりあげられないけどね 」

「自分の力でがんばるんだよ 」

出来るだけ優しい声で、

とても厳しい言葉を掛けながら。


さー頼むよ玉ねぎ!

0回の閲覧

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art