よろしく玉ねぎ

最終更新: 2018年12月16日

通常

土に肥料をすきこんで二週間 とか言いますが


面倒くさいので、そーゆーのは無視。


なんかいろいろ守っても

出来るときは出来るし

出来ない時は出来ないことを

この頃悟って

あまりきちきち言わずやることにしています


だって サルも鹿も来るし。


私の畑は電柵がないので

動物入り放題


かぼちゃも落花生も

キュウリもネギも

とにかくいろいろ被害に遭います。


でも彼らも

全部は持っていかないのです

少なくとも

半分くらいは置いていきます。


山は俺らのものだけど

植えたのはお前だから

半分はやるっ♪

といわんばかりに。

サルと畑を共有している現状です。


玉ねぎの苗を

一本一本刺して

根元に土を掛ける時

「大きい玉ねぎになるんだよ 」

「甘いたまねぎになるんだよ 」

「肥料はあまりあげられないけどね 」

「自分の力でがんばるんだよ 」

出来るだけ優しい声で、

とても厳しい言葉を掛けながら。


さー頼むよ玉ねぎ!

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月27日

先日のタケノコ 昨日、食べきったと思ったら 今日も、下校の彼らを迎えに行くと 途中の斜面で、ストップコール。 前回は 半袖にタケノコを抱っこして帰って みんなで腕がヒリヒリになったので 今日は、ほらエコバーックっ♪ エコバックは街でも便利ですが 山でも便利です。 山ではいつどこで、どんな豊作に出逢うか わかりませんからねっ! 結局またわんさか摘みました。 摘むのも、剥くのもやってくれますから とに

5月23日

一日フリーのこどもたち。 フリーと言われれば、案外暇そうで 「ねぇお母さんなにしよー」 そんな人たちには 何かとお願いごとをすると叶えてくれます。 夕方五時、さて夕食の支度を始めようという時。 もっちゃん、台所に参上。 「ごはんの準備手伝うよっ♪」 ありがたいです、なんせ。 その延長で、乾かしたハーブたちの茎取りを。 畑のハーブを摘んで乾燥させ 茎を取って粉砕、塩と混ぜてハーブ塩にします。 毎年自

5月19日

火曜、今日は週に一度のファームの日。 町内の有機農園に半日お手伝いにいきます。 今日は 黒米のごみ取り。 からの 玄米の籾摺り。 からの 落花生畑の草取り。 気まぐれ天気のお陰で 今日の作業は三本立て。 そして帰りには 箱いっぱいのはねだしイチゴと玄米とお野菜。 ありがたい。 楽しい、最高。 毎度 へとへとになって帰ってくるんですが。 帰ってきたらきたで 午後は自分の畑へ。 昨日、雨も降ったんだし

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi