みおぱん焼く

この頃、しょっちゅうパンを焼いています。

パンを焼くには捏ねなくちゃいけなくて

捏ねるためには、台所を粉だらけにしなくちゃいけなくて


と、長年思っていたのですが

数年前に見つけたアイテムにより

とびきり楽ちんです。


名前は忘れましたが

底有の袋状、厚めのシリコン製

パンを捏ねる用途のアイテムですが。


このパックに材量を全部入れて

このパックの中でぐいぐい捏ねて


本当はこのパックのまま発酵させて

このパックのまま焼けます。


しかし私は

規定量の二倍量を捏ねちゃうので

発酵と焼きは別容器を使います。


それにしたても

捏ねるのがこのパックの中で出来てしまうのは

かなり楽、絶賛ですこの袋。

(楽天で1000円で買えます)


このパックを手に入れてからは

淡々と丸パンを焼き

アレルギもっちゃんの給食用に

冷凍庫に常備されてきました。


このパックがあれば、丸パンは焼けるけど

それに加えて型がないと焼けない食パン。

届きそうで届かない、食パンへの想い

募り募り数年分。


それが遂にっ!

ついに先日、念願の食パン型を手に入れてまして。

しかも1.5斤。


ほっほっ♪

これで食パンが焼ける

憧れの食パンが、家で焼けるっ!!


っていうのは甘くって。


うっそー

なかなかうまくいきません。


私が焼きたいのは

蓋つきの型で焼く、角食パン。


膨らみ足りず蓋に届かないから

背の低い山型パンばかりが焼けます。

これは食パンじゃないっ!!


一回きりじゃなく

繰り返し日常的に焼きたいので

レシピも改良しながら

発酵も改良しながら


道のりは案外遠いですが

失敗作も美味しいので

家族からは歓迎されています。


でも蓋に届かないといや。

私は四角い食パンが焼きたい。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月27日

先日のタケノコ 昨日、食べきったと思ったら 今日も、下校の彼らを迎えに行くと 途中の斜面で、ストップコール。 前回は 半袖にタケノコを抱っこして帰って みんなで腕がヒリヒリになったので 今日は、ほらエコバーックっ♪ エコバックは街でも便利ですが 山でも便利です。 山ではいつどこで、どんな豊作に出逢うか わかりませんからねっ! 結局またわんさか摘みました。 摘むのも、剥くのもやってくれますから とに

5月23日

一日フリーのこどもたち。 フリーと言われれば、案外暇そうで 「ねぇお母さんなにしよー」 そんな人たちには 何かとお願いごとをすると叶えてくれます。 夕方五時、さて夕食の支度を始めようという時。 もっちゃん、台所に参上。 「ごはんの準備手伝うよっ♪」 ありがたいです、なんせ。 その延長で、乾かしたハーブたちの茎取りを。 畑のハーブを摘んで乾燥させ 茎を取って粉砕、塩と混ぜてハーブ塩にします。 毎年自

5月19日

火曜、今日は週に一度のファームの日。 町内の有機農園に半日お手伝いにいきます。 今日は 黒米のごみ取り。 からの 玄米の籾摺り。 からの 落花生畑の草取り。 気まぐれ天気のお陰で 今日の作業は三本立て。 そして帰りには 箱いっぱいのはねだしイチゴと玄米とお野菜。 ありがたい。 楽しい、最高。 毎度 へとへとになって帰ってくるんですが。 帰ってきたらきたで 午後は自分の畑へ。 昨日、雨も降ったんだし

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art