top of page

そういう風に生んどいた

こどもたち

それぞれに新学期がスタートして数日。


未だほやほやしている、三年生いね。

一見問題児ながら実際一番問題のない次男5年生。

なんせ新しいことばかりに取り囲まれる新中一生長男。


環境ががらりと変わった長男が

やっぱり一番心配で。


顔色を見て

なるべくいつもより話を聞いて

なるべくいつもよりやさしくして

なるべく、なるべく、よく見ているんですが。


どうも彼は

学校が楽しい様子で。


え?


拍子抜けする感じもありますが

とってもほっとしています。

よかったー


今年の春休みは

卒業や入学準備に始まり

仕事も立て込んでいたりしてどこへも行かず。


みんなでのんびりして過ごした感じがしていて

映画をみんなで観たり、お買物に出掛けたり

お花見も何回も出来たし

なんかよく笑った日々でした。


いつもサッカーで家にいない長男も

年度の変わり目で試合がなく、家にいて。

よく笑ってました。


学校の卒業式、サッカーの卒団式が終わってからは

何か解き放たれたような、いい顔をしていて。


かわいいなーと思うことがたくさんあって

それをそのまま口に出しても

まだそんなに嫌がられたりもせず。


そんな風に過ごした春休みで。

充電充分?


山の学校からただ一人

街の学校に殴り込み入学の彼。

メガネで小柄で無口で

サッカーと読書が好き

玉ねぎとお父さんが好き。


アウェーな環境だと思ってたんですが

すっときれいなスタートを切るんだなぁ。


私が思っているより、彼は

土台がちゃんと満たされていて、

確固としているのかもしれません。


いいです、いい顔毎日見れて

今のところ、うれしいです。

最新記事

すべて表示

に気温が上がるこの頃 私は数日引きこもっているので 全く問題ないのですが 毎日自転車で 甲府から帰ってくる長男は 帰宅して一言目に 「もうあつい!! だめだもう世界はおわりだ!!」 もう本当におもしろい 長男は高校2年生になりました この頃では なんだか筋肉がついてきて やたらと存在に量があり ヨーグルトを食べるときの スプーンが小さく見えたのを 笑ったのをかわきりに 箸が、コップが、スマホが 段

桜が終わり、水仙が終わり、はなももも終わり 今はハナミズキがきれいに咲いています 遠くに見える山々も蛍光色でひかっています ああなんて春なんだろう 我が家の新生活のこどもたちは とても元気 とりあえずすべりだしが大丈夫そうで よかった!! 共に中学生になった2番目の人と3番も目の人は ずっとなかよしですが そのなかよしに輪がかかり この頃では ほっぺ5回さわられたら負けゲームに興じています ひょい

ひもじい群馬旅行から帰ってきて あっというまに入学式の娘 小さな小学校から大きな中学校へ 小学校からのたった二人の同級生とは 別々のクラスになりました ちょっとだけ心配したんですが なんだか毎日いい顔で帰ってきます 見慣れない女子の制服を着て ランドセルじゃない大きなリュックを背負い 走り小さくなっていく彼女の姿は 新しい生物 こんなかわいらしい、きらきらした 素敵な肌色の、新しい生物 女子中学生

bottom of page