top of page

しゃもじ燃える、再び

なんでしょうね

この頃よくしゃもじが燃えます


先日のしゃもじは燃えて溶けて

(プラスチック)


昨日のしゃもじは燃えて香ばしい香りをたてました

(木製)


さて

先日、地域の小学校に机の天板を納めました


この小学校は

もちろん娘が通う小学校で

息子たちも通いました


山間地域にあるこの小学校は

「学校林」という山を持っています


昔は、新校舎をつくるための木材を育てる目的で

こどもたちや地域の人たちに手入れされてきたそうです


しかし近年では

学校林の樹で校舎をつくることはなくなり


「学校林活動」という年に一回のPTA行事で

山歩きや工作の目的で触れる程度になっています


今回のこの取り組みは

保護者仲間のお父さんの呼びかけではじまりました


そのお父さんは山のプロ

山のプロが、ものづくりのプロ若林に声をかけまして

実現しました


その天板の取り付けは

もうすぐ卒業する6年生と一緒に作業するイベントとして

楽しんでもらいました


そのイベントの中で

山のプロとものづくりのプロが

それぞれ違う言葉を使ってですが

子どもたちに伝えたことは


「樹は道具になるんだよ」

「暮らしの中にある木は、もとは山で生きていたんだよ」

「山の樹と暮らしの中の木が

 イメージの中で繋がってほしい」


そいうようなことでした


今回天板に使った樹は樹齢がおよそ40年

伐採して木材になって以降乾燥に7年

ここから机になって何年使ってもらえるか


樹から木材になる間に関わる仕事が

山のプロ


木材から机になる間に関わる仕事が

ものづくりのプロ


机を使うのは

新入生のこどもたち


樹っておもしろいでしょ?


大真面目にそれを

こどもたちに伝えたいお父さんたち


プロの仕事はおもしろい

プロのお話もおもしろいです


伝わったかしら


町の広報や、新聞、テレビの取材も来てくださり

カメラの数は、作業する6年生の数の倍


大騒ぎな一日でした


取材の成果はこちら↓

最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Comments


bottom of page