かねひろ愛

先日、札幌の恩師から冷凍便が届き

開けてみると、中身は

なんと、かねひろっ!!


その日から、更にさかのぼること数日。

ある朝のもっちゃんが

深刻な面持ちで言うのです↓


「ぼく今年の夏は、仕事がなくても札幌に行きたい。」


いつも札幌へは、若林のお仕事のついでで行っており

結果的には「家族旅行」になるんですけども

あくまで「お仕事」というきっかけがなければ

そうそう北海道には行けないのです。

という事実は、若林一家では周知のこと。


しかし

それを押してまでの、札幌へ行きたいアピールのなぜ。

しかもそんなに思い詰めて。


「なんで?もっちゃん」

理由を問うと

「だってぼくもうジンギスカン食べたい。」

と言うのです。


わかるわかる、美味しいよね。

ここらへんでは食べないしね。

でもまぁ、わかったわかった。


みたいにごまかした、わずか数日後に

このかねひろが届く事態が発生。


「かねひろ」は

ジンギスカンの美味しいお肉です。


精肉やさんの名前なのか、ブランド名なのか

よくわかりませんが

とにかく、美味しいジンギスカンのお肉には

「かねひろ」って書いてあって


札幌にいる時も、誰かが本州から遊びに来るときには

お肉屋さんで「かねひろ」を買ったのです。


あまり肉食じゃない若林さんちが

こぞって愛するお肉なわけです。


その「かねひろ」が届いたので

隣人を誘って焼いたのが昨晩。


本当美味しい、悶絶。

私にこれほどの感動をくれる焼肉は

かねひろ以外に未だありません。


あまりの美味しさに

よし、今年は仕事がなくても札幌へ行こうっ!

なんてことは、言いません大人は。


こんなに美味しいなら

たまにお取り寄せしちゃってもいいよねっ♪

くらいにとどめておきます。


そして肝心の、送ってくださった恩師に

みんなの食べてる写真をプリントしてお手紙を書き。


札幌は遠くてなかなか行けませんが

「あなたたちこれ好きよね。」

「そろそろもっちゃんが我慢できなくなる頃じゃない?」

(↑これは奇跡)

って言って、送ってくれる人が出来たことは

大きな収穫です。


ジンギスカンに馴染みのないあなた

今日から心の片隅に「かねひろ」を。

いつか出逢えることを祈ってます。





9回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月27日

先日のタケノコ 昨日、食べきったと思ったら 今日も、下校の彼らを迎えに行くと 途中の斜面で、ストップコール。 前回は 半袖にタケノコを抱っこして帰って みんなで腕がヒリヒリになったので 今日は、ほらエコバーックっ♪ エコバックは街でも便利ですが 山でも便利です。 山ではいつどこで、どんな豊作に出逢うか わかりませんからねっ! 結局またわんさか摘みました。 摘むのも、剥くのもやってくれますから とに

5月23日

一日フリーのこどもたち。 フリーと言われれば、案外暇そうで 「ねぇお母さんなにしよー」 そんな人たちには 何かとお願いごとをすると叶えてくれます。 夕方五時、さて夕食の支度を始めようという時。 もっちゃん、台所に参上。 「ごはんの準備手伝うよっ♪」 ありがたいです、なんせ。 その延長で、乾かしたハーブたちの茎取りを。 畑のハーブを摘んで乾燥させ 茎を取って粉砕、塩と混ぜてハーブ塩にします。 毎年自

5月19日

火曜、今日は週に一度のファームの日。 町内の有機農園に半日お手伝いにいきます。 今日は 黒米のごみ取り。 からの 玄米の籾摺り。 からの 落花生畑の草取り。 気まぐれ天気のお陰で 今日の作業は三本立て。 そして帰りには 箱いっぱいのはねだしイチゴと玄米とお野菜。 ありがたい。 楽しい、最高。 毎度 へとへとになって帰ってくるんですが。 帰ってきたらきたで 午後は自分の畑へ。 昨日、雨も降ったんだし

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi