top of page

かねひろ愛

先日、札幌の恩師から冷凍便が届き

開けてみると、中身は

なんと、かねひろっ!!


その日から、更にさかのぼること数日。

ある朝のもっちゃんが

深刻な面持ちで言うのです↓


「ぼく今年の夏は、仕事がなくても札幌に行きたい。」


いつも札幌へは、若林のお仕事のついでで行っており

結果的には「家族旅行」になるんですけども

あくまで「お仕事」というきっかけがなければ

そうそう北海道には行けないのです。

という事実は、若林一家では周知のこと。


しかし

それを押してまでの、札幌へ行きたいアピールのなぜ。

しかもそんなに思い詰めて。


「なんで?もっちゃん」

理由を問うと

「だってぼくもうジンギスカン食べたい。」

と言うのです。


わかるわかる、美味しいよね。

ここらへんでは食べないしね。

でもまぁ、わかったわかった。


みたいにごまかした、わずか数日後に

このかねひろが届く事態が発生。


「かねひろ」は

ジンギスカンの美味しいお肉です。


精肉やさんの名前なのか、ブランド名なのか

よくわかりませんが

とにかく、美味しいジンギスカンのお肉には

「かねひろ」って書いてあって


札幌にいる時も、誰かが本州から遊びに来るときには

お肉屋さんで「かねひろ」を買ったのです。


あまり肉食じゃない若林さんちが

こぞって愛するお肉なわけです。


その「かねひろ」が届いたので

隣人を誘って焼いたのが昨晩。


本当美味しい、悶絶。

私にこれほどの感動をくれる焼肉は

かねひろ以外に未だありません。


あまりの美味しさに

よし、今年は仕事がなくても札幌へ行こうっ!

なんてことは、言いません大人は。


こんなに美味しいなら

たまにお取り寄せしちゃってもいいよねっ♪

くらいにとどめておきます。


そして肝心の、送ってくださった恩師に

みんなの食べてる写真をプリントしてお手紙を書き。


札幌は遠くてなかなか行けませんが

「あなたたちこれ好きよね。」

「そろそろもっちゃんが我慢できなくなる頃じゃない?」

(↑これは奇跡)

って言って、送ってくれる人が出来たことは

大きな収穫です。


ジンギスカンに馴染みのないあなた

今日から心の片隅に「かねひろ」を。

いつか出逢えることを祈ってます。





最新記事

すべて表示

砂垈味噌

砂垈、に積もった雪は 連日の10度超えの気温でとかされ 積もるのも早ければ とけるのも早い そんな今回の雪です さて 雪解けのイマイチなコンディションですが 週末、味噌作りを決行 味噌作りは 麹やさんに、麹と一緒に 味噌作りにつかう道具一式を借ります そのために、あらかじめ予約をします その日の朝に道具一式と麹をもらってきて 夕方、道具を返しにいきます 昨年、こどもたちとやって楽しかったので 今年

しゃもじ、燃える

今日は、唐辛子職人 からっからまで干し続けていた 真っ赤な唐辛子たちを チョキチョキ切って 種を出し、粉砕しました これがなかなかの量で 半日仕事 しかも 唐辛子を触った手が凶器! 目を掻いたり鼻の下を触ったら ヒリヒリして大変です こんなに大量にこの作業をしたのは 今年が初めて 昨年から食べるラー油をつくるようになり 赤唐辛子をたくさん使うのです 食べるラー油は 砂垈のくるみと砂垈の柚子を入れま

5月27日

先日のタケノコ 昨日、食べきったと思ったら 今日も、下校の彼らを迎えに行くと 途中の斜面で、ストップコール。 前回は 半袖にタケノコを抱っこして帰って みんなで腕がヒリヒリになったので 今日は、ほらエコバーックっ♪ エコバックは街でも便利ですが 山でも便利です。 山ではいつどこで、どんな豊作に出逢うか わかりませんからねっ! 結局またわんさか摘みました。 摘むのも、剥くのもやってくれますから とに

Comments


bottom of page