お父さん率が意外と高いです

先日、長男中学の入学式。

山の小学校から、里の中学への進学は

彼ひとり。


ドキドキ一年生

ドキドキするけど、どーんと行け


ってあの歌、私大好きで。

いつもこの時期こどもと歌います。


桜が咲いて、急に暖かくなって

いいぞいいぞっ♪


同級生3人だった小学校生活から

同級生111人の中学へ。


体育館に入れば、まず人が多い。

在校生が多い、保護者が多い。


「ご来賓のみなさんが入場されます。

 拍手でお迎えください」


ぱちぱちぱちぱちー

ぱちぱちぱちぱちー

ぱちぱちぱちぱちー

ぱちぱち・・・


長い

ご来賓、多い。


続いて、新入生入場。

「拍手で迎えてください」


ぱちぱちぱちぱちー

ぱちぱち・・・


な、長い

新入生の列も長い。


拍手が求められすぎて

「拍手ボタン」があればいいなと

途中からそればっかり考えて。


人が多いと、個性が埋もれるとか

そんなことも言われますが。


メガネの子もたくさんいるし

小柄な子もたくさんいるし

埋もれることが気持ちいいかもしれない。


いろんな子がいて、

自分と合う子を選ぶことができて

合わない子とは距離を置くことができるのです。

それは、とてもいいと思う。


最初の一週間は疲れるだろうなー

いろいろドキドキするだろうなー

今日はどんな顔で帰ってくるかなー


彼はどうも中学生になったみたいなので

様子を見ながら、私はそぉぉぉっと彼を

手放すことを開始します。


そぉぉぉぉっと。





0回の閲覧

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art