お散歩サバイバー

快晴の昨日

連日の石積み現場へ出向く男衆を見送り

そうそう連日ヘトヘトになってはいられない女子たちは

家でお留守番。


石積みは面白いです。

昨年買ったユンボが、もう若林の腕のように活躍し

しかし重機だけではなく

人の手の数も、とても重要で


現場に行けば、私たちに出来る仕事もあるし

青空の下、楽しいなぁ

と思うのですが


朝から夕方まで

石を積むには

誰が洗濯をするのか、誰が弁当をつくるのか

ヘトヘトで帰宅して、誰が夕飯をつくるのか。

それを思えば

私は留守番なわけです、それが合理的です。


他人の仕事に面白味を見出しすぎたらダメです。

(他人って若林ですけども)

私は私の仕事を面白くしなくっちゃーっ♪


ということで

留守番組、お昼はいちゃいちゃとホットケーキを焼き

フォークとナイフの使い方をレクチャーしながら

くすくすと食べ。

午後には散歩に出ます。


毎日「おやつの後は散歩」という日課で

スナンタ中をわいわい歩いていたのですが


今日は、遠出っ!!と決めて。

峠を下りたところに車を停め、町の図書館へ。


もちろん歩ける算段で出発したのですが

私は結構ヘトヘト。


行き、くだり。

帰り、上り。

90分のお散歩コース。


日頃運動不足の私にとっては

散歩というか既にスポーツの域っ!


しかし8才、いねちゃんは

なんと余裕。


余裕も余裕、ずっと元気ずっと笑ってる。

やっぱり毎日登校で歩いている人の体力は違います。

尊敬。


こんなにのんびりいねと散歩をするなんて

楽しくて笑いが止まりません。


くちゃくちゃと絶え間ないおしゃべりと

影を踏ん、それをよけて笑い

途中で買ったカフェオレが苦くて笑い

同じ知り合いに何度も遭って笑い

上り坂を後ろ向きで上る裏ワザを試し

すれ違う人に挨拶をし

それを無視されれば顔を見合わせて目を見開き


楽しい人に成長したなぁと思いました。

一緒にいられて、今日も楽しいのです。









20回の閲覧

最新記事

すべて表示

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

5月30日

そうだ。 先日、くろがねや(最寄りのホームセンター)に行った際 買い物を終え店を出て 左右を確認して駐車場内の通路を渡り 車に乗り込みました。 そのまま、帰宅の予定だったので 駐車場内の通路を徐行して出口に向かうところで 通路に何かが落ちている。 もう頭の中は帰宅後の仕事のことでいっぱい。 でも、見るともなく見ていたような その落とし物 視界で鮮明に あれ?はっきりしてくる 「あっ!!私のお財布っ

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi