top of page

お尻は白いのっ♪

南天はすっかり赤く垂れ

日が短くなり

夜は鹿が出ます


冬です。


私たちが暮らしているスナンタ地区は

里へ下りるのに、2本の道があります。


一本は小学校がある小室経由

一本は里へ直結、殿原経由

無論、どちらも山道です。


殿原道では

夕方から夜の時間、鹿に逢います。


逢うっていうか

ほぼ100%

数で言えば

毎回5.6頭は見るんじゃないかな。


火曜、サッカーとヨサコイ

水曜、サッカー、若林のお食事会

金曜、柔道、サッカー、ヨサコイ

土曜、サッカー、夫人の吹奏楽

日曜、サッカー


↑これが我家の基本体制

夕方から夜の時間は

その送迎で二往復三往復するのです。


だからこの時間台の

殿原の鹿事情には

詳しいと思われます

多分私が第一人者。


轢かないように、轢かれないように

気を付けます。


鹿も出ますが、陽も短くなってきて。

朝夕が暗いです。


サッカーも、明るい季節は

片道自転車で行ってもらうのですが

この頃はもう暗いので

往復送迎です。


山道だし、仕方なし。


早く春になれと思います。

早く16になってバイクに乗ってくださいと思います。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日の朝くらいから舞い始めた雪が 夜まで降り続いたようで 道路も真っ白になった今朝のスナンタ しかも快晴 教室の窓から 降る雪を1日眺めていたこどもたちは 昨日、夕方帰宅するなり スキーウェアに着替えて姿を消し 夕飯の時間に遅刻して 鼻を真っ赤にして帰ってきたと思えば 「雪合戦、く○たのしー!」 今日しかできないかもしれないから 夜雪合戦、やってきたら? 夕飯もかっこむ感じで食べ終えて 再び飛び出

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

毎日家にいるし わずらわしい前髪をあげちゃって おでこを出して暮らしています。 すると途端に 眉毛が気になり出し。 気になり出したら まぁ気になって気になって。 初めて、アイブロウをつくりました。 色が濃いので、粉飛びは困ります。 扱いやすさ重視でプレスドパウダータイプに挑戦。 その失敗の見事さよ。 ばりっばりにし割れて 小さなブロック状のアイブロウがたくさんできました。 ほほう。 超

bottom of page