「フォースが使えるなんて聞いてない」

週末、所属している吹奏楽団の演奏会。

こちらの団、年に二回の演奏会を開催しており


春には、軽めの楽しい演奏会

秋には、比較的本気の演奏会

ということになっています。


春の演奏会は

「フレッシュサマーコンサート」という名前で

前半にしっかり演奏をして

後半は「音楽喜劇」が恒例。


前半はまぁいいとして。

後半の音楽喜劇は、まさに見もので。


「楽団」っていうか

「劇団」に移行しようとしてるんじゃないかって程に

役者のみなさんが達者です。


この団よりも演奏が上手な楽団はいくらでもありますが

こんな演奏会を開催出来るのは、きっとこの団だけです。


観に来たもっちゃんは

ゲラゲラ声を出して笑ったそうで。


静かに聴かなきゃいけない演奏会もいいですが

声を上げて笑ってもいい演奏会もしあわせだと思います。


よかったなぁ。

これが他所の団だったら、やきもちを焼くなぁといつも思います。


私がこんなことをやっていられるのは

なんせ家族のご理解のお陰。

みんなが片目をつむっていてくれます。


だから

いつまでもやっていられるとは思ってないし

一回一回の本番は「これが最後かもしれない」

と思って立つようにしています。


練習の合奏も楽しいのですが

本番の演奏というのは、また違っていて。


本番って何なのだろうって思うんですが

別に人に見せたいとか、ステージに立つのが好きとか

そういうのじゃないと思うんですけど。


ひとつの曲をみんなで演奏することに

「これで100点、もうこれ以上ないです」という地点はなくて

だから、本番の演奏がみんなの練習の最終地点になるわけで


そこに向かって練習で高めて行くんですが

どうなるかは、本当に本番でやってみないとわからなくて

みんながドキドキしていて

その高揚感を、「よし見てやろう」って

客席に座っててくれる人がいるのは、やっぱりどうも奇跡。


いつも温かい会場で

きっと団員ひとりひとりが愛されているのです。

それが打ち寄せる、やっぱりしあわせな時間には違いありません。


なるほど。






8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし