崩壊への道は良心で舗装されています

最寄りの薪棚が少なくなったので

外の薪棚から運んで

最寄りのとこに積み直し。


薪棚は7箇所くらいあって

各棚に

来年用と今年用が積んであります。


来年分は乾燥が充分ではないので

ストーブの温度も上がらないし

無駄になるので

今年分と来年分の区別は重要。


もちろん

毎度積み直す際に注意しているので

来年用の上に今年用が乗っていて。


大事なのはその境目で

今年は分かるように

木口にマーカーで印を入れました。


マーカーのある棚は

上が今年用で、下が来年と

分かるんですが。


問題は、マーカーのない棚で。


はて。

これは全部今年なのか

はたまた、全部来年なのか。


毎度

後で分かるように分かるようにー

と、やっているつもりなのに。


もう本当、すぐ忘れちゃうっ♪


まぁ多分おそらく

今年用だろうと解釈しておいて。


それはそうと。

一番幅の広い薪棚を

上からいじっていると


ごごーん

後ろの壁側に、轟音を立てて倒れ。


あいやー


結構毎年こうなっちゃいます。

崩れないように積むって難しくて

基本前に倒れてこないように

微妙に後ろ体重で

いくんですけど

きっとそれが過ぎるんでしょう。


それと

少し短いやつは

別で積めばいいのですが

いいよいいよ、

お前も立派な一人前だよっ♪

とつい母さん風を吹かせてしまい

短い奴も一緒に積んじゃうのが

いけないのだと思います、多分。


良心がなー

正しい判断を鈍らせます。


反省しようっ♪




10回の閲覧

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art