タッパーの神様

先日若林がもらってきた

山のような大根及び

それに付随する大根葉。


大根は日持ちがするけれど

葉っぱはそうでもないので

駆け足で食べます。


「山のよう」って表現しますが

実際、山です。


数日、数回に分けて加工。

新巻鮭を加えてふりかけとか

茹でて漬けたりとか。


今日最後の加工をして

多分明日には食べきるでしょう。

コンプリート、はっはっは。


今日も茹でて刻んで

焼鮭と併せてふりかけです。

大きなフライパンに

ごっぞりつくって。


さて何に入れて置こうかな。

硝子のタッパーとか

瓶とか、お弁当箱とか


手元にある

ありとあらゆく容器の中から

容量と用途をもとに選定、2秒。


選んだミニ重箱に二段。

よそっていくと、ぴったりっ♪


この

「選んだ容器が用途にぴったりっ♪」

という現象は

私をこのうえなく喜ばせます。


地味な仕事に従事してきた

私のこの十数年の全てを認め

「あなたのスキルはここにあるよ!」

とでもいうようで

私はそれによって

救われ、報われ、労われ

大きな愛で抱かれるのです。

(うそ)


この前も

ぴちぴちの黒豆をたっぷり煮て

出してきた容器に二つ

ああ、あ、あ、あ、ぎりぎり?ぎり?

ぴったりーっ♪


ちなみに

「ぴったり」にすることはできても

「何リットル?」と聞かれたら

それは不明。


この種の喜びの

他のバージョンとしては

芋や肉にまぶすための

片栗粉とか小麦粉を

過不足なく出せた時の

「食材の水分量と表面積を

完全に把握できているっ♪」

というのがあります。


絶妙に複雑な妙技は

日々の地味な暮らしの

繰り返しからしか獲得できません。


なんと素晴らしき

地味な暮らしの地味な腕。


11回の閲覧

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art