つっこいどスタート

地域のごみ拾い。


ここの組は、件数が少ないので

決められた日までに拾っておけばよく。


空いた時間で、自分の担当の場所を拾います。

午後から雨だというので

朝のうちに今日行っちゃおうと思い立ち。


配布されてたゴミ袋とヒバサミ。

それからハサミと、ビニール袋ふたつを携帯。


たいていアレです。

このごみ拾いは、ゴミっていうか

蕗を採って歩くことになります。


もう慣れたもので

はなからそのつもり。

ゴミ拾うつもり2割、蕗摘むつもり8割。


やる気満タン、出発。


雨上がりの朝の山の臭い。

こんなところに住んでいると

近所のごみ拾いと言っても、つまり

山のごみ拾いです。


道際ではあるけども、山ですから。

いい臭いはするし

あああの花が咲いてるな、とか

クルミの花が落ちて気持ち悪いな、とか。


つい植物観察になってしまって

ごみを拾うのも、蕗を見つけるのも忘れるくらいで

つまりは、ただの散歩気味。


いい季節の、いい時間帯の

いい感じの散歩のついでに

ごみを拾って、蕗を摘んで帰ります。


蕗はまだ小さかったので

佃煮にされます、好きです。

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art