ちっちゃ4瓶

先日、いねの体調が長引いたときに

ちょうど週末だったので病院にも行けず

友人たちに、こんな時どうしてる?!

と知恵を請いました。


すると

みんな口を揃えて

「梅肉エキス」と言うのです。


梅肉エキスとは、一般的なんでしょうか

このあたりでは、ポピュラーな代物ですが

私は山梨に越してきてから知りました。


青い梅の実を、すりおろして絞り

その汁を黒くドロドロになるまで煮詰めます。


何にでも効くと聞き

私も数年前に一度だけつくったことがありました。


味はこっぴどくすっぱくて

もちろん薄めて飲むんですが

鬼まずいので、うちでは鬼エキスと呼ばれています。


しかし今回のみんなのご助言によれば

美味しいと思える味にしないと効かないよ?!だそうで。


え?!

身体が欲する味に調整するそうです。

醤油を加えたり、黒糖やはちみつで甘みを足したり


今回は、黒糖が苦手ないねがお相手だったので

はちみつでたっぷり甘みをつけてあげると

「美味しいっ♪」

鬼エキスが美味しいなんて嘘みたいっ!


梅肉エキスの正しい使い方を目の当たりにしたところに

ちょうど青い梅が大量に届き。

よし、これはやるしかない流れだなと解釈し腕まくり。


でも大変すぎるのは難ですから

マジックブレッドで手抜きです。


いや、それにしても。

それにしてもそれにしてもそれにしても

量が量だったということもありますが

もう本当、延々剥いて、延々回して、延々絞って

そして延々煮詰めて。


それはそれは大変な作業。

やっている途中に思い出しました。


一度だけつくった数年前

うっそみたいに大変で

そして、うっそみたいにちょっとしかできなくて。


これはもうつくるもんじゃなーいっ!!

っと思ったんでした。

忘却の生き物ですからね、喉元過ぎれば忘れます。


ちょっと後悔しながらも

本を読みながら、延々煮詰めて。

まぁいいか、こんな日曜日も

と思っていたんですが。


夜になると、瞼がヒリヒリして悲しくなるほどに

なんだろうこれ・・・

もしかして、延々煮詰めた酸性の蒸気?!


瞼を犠牲になりましたが

これから数年分の家族の健康は

この梅肉エキスで保障されることでしょう。


よーし。
















14回の閲覧

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art